トップ > TRIAL > ブレーキ > ディスクブレーキ > 油圧ディスクブレーキ > HOPE - TECH3xTrialZone
Brand Index > HOPE > Brake > Brake > HOPE - TECH3xTrialZone
ブレーキ - ディスク > 油圧ブレーキ本体 > HOPE - TECH3xTrialZone

HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone
HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone
HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone HOPE - TECH3xTrialZone
拡大画像

HOPE - TECH3xTrialZone

販売単位[Qty]:1ブレーキ / キャリパー:ポストマウント
重量[Weight]:267g / ブレーキフルード:DOT5.1

純正ホース長[Hose]:1700mm
 
-----------------------------------------------------------
本製品はブレーキフルードの充填が不完全な場合がございます。ご使用前の組み付け段階でホース長を適正に調整した上で、ブレーキフルードの充填(エア抜き)作業を行う必要がございます。
----------------------------------------------------------
商品コード : zzz51
価格 : 25,700円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Type x Color

BlackBlue
R/右×売り切れ
L/左×売り切れ×売り切れ

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
・ホース長が900mmとなります。

----------------------------------------------------------

現行モデルのTECH4は、TECH3に比べて制動力が強化されてます。
おかげで20インチはもちろん、24インチのフロントブレーキに使っても「カックン」ブレーキ…。繊細なレバー操作ができるライダーさんなら良いんでしょうけど、初心者さんは「繊細なブレーキ操作を身に着けたい!」という段階のライダーさんにはコントロール不能なレベルです。

TECH3のブレーキ、右レバーのモデルがいくつか残ってるので、「コントロール性重視!」「ノーズマニュアル練習中♪」「正確なブレーキ操作を身に着けたい」というライダーさんはぜひご利用下さい。


----------------------------------------------------------

トライアルのディスクブレーキに革命を起こした【HOPE - TrialZone】。
最高級の制動力が多くのライダーさんに認められて、国内・海外とも使用率はダントツの一位。間違いなく最強のブレーキです。

ただ…。文句をつけるとしたら次の2点。
1.レバーのタッチがブヨブヨする
2.レバーのアソビの細かい調整ができない
この問題を解消するために有効なのが「HOPEの【TECH3】マスターシリンダーを使用する」というアイデア。

1.ピストン比が少し低くなる分、ブレーキレバーを握りこんだ時の感触がカチっとします。「どの位レバーを握りこんだら、どのくらいの力でブレーキがかかる」という感覚がわかりやすいので、どうしてもブレーキレバーを力いっぱい握りこんでしまう初心〜初級者さんには格段に使いやすいですね。

もちろん、制動力も申し分無し。何せ世界のトップライダーが使ってるわけですからね。
 


2.ブレーキレバーのセッティングは2段階。レバーを握らない『初期位置』と、レバーを握りこんでパッドがローターをはさんだ『制動位置』。
TrialZoneのマスターはコンパクトで軽量な仕上がりだけど、『初期位置』を変更すると『制動位置』も一緒に変わってしまうので、「完全な自分好みのセッティング」が作れなかったりします。
そこでこの【TECH3】マスター。レバーについてる二つのダイアルで『初期位置』と『制動位置』を別々に調整可能。しかも工具不要。

細かく自分好みのセッティングが作れるのはもちろんですが、「気温が高くて制動位置がちょっと遠くなってきたぞ」とか、「競技大会の後半で手が疲れてきた…」なんて時にホイっとセッティングを変更できるのも良いですね。


トライアルメーカー各社がディスクブレーキの開発に手を出さないのは(着手したけど製品化に繋がらなかったケースも多数あり)、抜群の性能を誇るHOPEのブレーキがあればこそです。
この安心感、絶大です。




 


  • ☆HOPE社に限らず、油圧ブレーキ内部のエアが完全に抜けた状態で出荷されるという事はありません。必ず完全なエア抜き作業を行ってからご使用下さい。
    ☆HOPEのブレーキはブレーキフルードの充填を行い、動作確認を行い、洗浄を行った上で工場から出荷されます。この為、洗浄に使用した水分や、リッドから漏れたブレーキフルードが付着しているケースが多々ございます。
    ブレーキフルードはリッドとダイアフラムの間に残っていた油分ですので、ブレーキシステム内部から漏れ出した物ではありません。場合により、パッドに油分がしみ込んでいる場合がございますが、交換の対象とはなりません。お手数かとは存じますが湯せん等でパッドの油分を除去してご使用下さい。
    ☆HOPEの製品の多くにはレーザーによるロゴやグラフィックが入っています。
    レーザー加工を行った部分はアルミの地色が出るため、製品によってはくすみがある場合がございます。金属用のポリッシュで磨いた後、クリーナーでポリッシュを除去してやれば綺麗な状態に戻ります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。
    ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。
    特にブレーキは正しいセッティングが行われていない場合、ブレーキ本来の性能が発揮されないだけでなく、重大な事故を起こす可能性があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。