トップ > STREET > フレーム > 24inch > JITSIE - VARIAL24 Hybrid
TRIAL > フレーム > 24inch > JITSIE - VARIAL24 Hybrid
Brand Index > JITSIE > Frame > JITSIE - VARIAL24 Hybrid
フレーム > Trial 24 > JITSIE - VARIAL24 Hybrid
フレーム > Street 24 > JITSIE - VARIAL24 Hybrid

JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid
JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid
JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid
JITSIE - VARIAL24 Hybrid JITSIE - VARIAL24 Hybrid
拡大画像

JITSIE - VARIAL24 Hybrid

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------  
商品コード : js12k24
価格 : 67,000円(税込)
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
ヘッドパーツ、B.B. 付属
----------------------------------------------------------

JITSIEが展開する【VARIAL】のフレーム、こちらは24inモデルです。

【Hybrid】の名前から、Street x Trial を意識した事がうかがえますが、乗ってみた感触ではど完全にトライアル寄り。VARIAL20/26と同じパイプで作ってるので、どうしたって柔らかめ。このフレームで「ガッツリ系ストリート!」は少々無理があります。
1,045mmというホイールベースはストリートにしては長めだし、+50mmとB.B.位置もストリート向けとしては高め…。でも逆に純トライアル車として見たら、この数値はかなり理に適ってます。

「26inに近い安定感でありながら、ブンブン振り回せる楽しいトラ車♪」を求めるなら、このフレームはかなり具合が良いと思いますよ。
「ストリートxトライアルの24inにしばらく乗ってみたけど、もう少し本格的にトライアルに挑戦してみたい!」というライダーさんはもちろん、「24inのストxトラ車でデビューしたけど、ある程度の所からなかなか上手くならない(涙)」というライダーさんのトレーニング用としてもオススメです。

真っ黒けのアルマイト仕上げのフレームに、グレーのステッカーシートが付属。このステッカーを使うも良し、愛用のアパレルやグッズ、エナジードリンクのブランドのステッカーを貼って楽しむも良し。無地のフレームなので楽しみ方は無限大です。
 
 
Commentary
一時は多くのメーカーが24inの完成車/フレームをプロデュースしてきましたが、様々な事情で撤退…。このVARIAL24は、[純トライアル向けの24in]としては貴重なモデルとなります。

欧米人とは違った乗り方ができるので「26inは日本人には大きすぎる」という事は無いけど、「欧米人が26inをブンブン振り回して乗ってる感覚」を日本人が体現するには、24inは適してると思ってます。
パイプワーク
至ってシンプルなパイプワークで価格を抑えた仕上がり。それでいてB.B.後方のヨーク部分やディスク台座一体型のリアエンドの部材は削り出し加工で成型するなど、価格を抑えつつも大事なポイントには手間とコストをかけてるのが良いですね。

サドルが取り付け出来るというのもこのフレームの特徴。
「とにかく軽く!」という一時の軽量志向が薄れてきたとは言え、専用のサドルを取り付けできるデザインとしているのは興味深いですね。
個人的には大歓迎です。やっぱりイスが無いとね、自転車は。
 
ヘッドチューブ
多くのメーカーが『1.5テーパー』を採用する中で、オーソドックスな1-1/8"サイズのインテグラルZSを採用しています。
 
B.B.
B.B.はシンプルに『BSA(ネジ込)』を採用。
B.B.パイプとヨーク部分を一体で成型した部材は、たっぷりと厚みと高さを持たせつつ、削れる部分はしっかりと削り込んで軽量化も意識したデザインです。  
ブレーキ台座
ブレーキ台座はポストマウントのディスク台座。
リアエンドと一体の削り出し部材でディスク台座をべったりとシートステーに固定。台座の前方に足を生やしてシートステーとチェーンステーを接合することで、ブレーキの負荷を2本のパイプに分散できる様にと配慮されたデザインです。
 
リアエンド
リアエンドはたっぷりと幅を持たせた大ぶりなデザイン。
シートステー・チェーンステーとリアエンドの部材を確実に接合しつつ、シートステーとチェーンステー同士もガッチリと接合して、ガッシリ感の向上を狙ったデザインです。
      
ホイールベース: 1,040mm
チェーンステー: 370mm (+5mm/-5mm)
B.B.ハイト: +50mm
ヘッドアングル: 71.5°
マニューバスペース: 642mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 120mm / インテグラルZS(ZS44)
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

   
 アンダーガード:

Type O 対応

      
リアエンド: 116mm / トラックエンド
   
ディスクブレーキ台座:

ポストマウント

180mmローターに対応
  
重 量:

1,647g

   


 


  • ☆トップチューブ&ダウンチューブは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック/カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。