トップ > 整備・作業 > フレーム > 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】

【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】
【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】 【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】
【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】
拡大画像

【作業】 フレームキット 下処理 【EXTENTION】

●作業をご依頼頂いた場合、ご注文(お支払い)頂きましてから発送までに通常5営業日程度を要します。
5営業日以内でお届け指定日をご指定頂きましてもご希望には沿えませんので、お届け日時をご指定頂く場合は
ご注文日より7営業日以降の日付をご指定下さい。

●こちらの価格はフレームキットをご購入頂く際の価格となります。
持ち込みでの作業は別途お見積りさせて頂きますのでご希望でしたらご連絡下さい。

●フレームキット1台分の価格となります。
同時に複数台をご購入頂く場合は、フレームの本数分をご依頼ください。
商品コード : 112EX
希望小売価格 : 10,000
価格 : 円(税込)
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
※メッキ仕上げのフレームは、フェイシング加工を行うと少なからずメッキの膜がパキパキと割れます。
Cr-mo製のフレームはアルミに比べて製造時の歪みも少ないので、「見た目も大事」という方はフェイシング加工を行わない事をお薦めします。


●「よくわからない!」という方は、選択項目はこのままで [カートに入れる] ボタンを押して下さい。

●フレームを製作する過程の溶接や熱処理によって、各部のパイプには必ず歪みを生じています。
各部のパーツが適正に取り付けできる様に、各部ネジ山の修正と、フェイシング処理(面出しの為の加工)を行います。

--------------------------------------------------------------------
1 - B.B.(ボトムブラケット)パイプの再タップとフェイシング処理(※1)
--------------------------------------------------------------------


・BSA(ネジ込)タイプのB.B.のネジ山を修正します。
・フレームとB.B.が接触する面の面だし加工を行います。

IsisやスクエアテーパーのカートリッジタイプのB.B.は右側のみがフレームと接触する為、フェイシング処理は右側のみを行います。
アウターカップタイプのB.B.は、左右両側のフェイシング処理が必要となります。


--------------------------------------------------------------------
2 - フレームのディスクブレーキ台座のフェイシング処理
--------------------------------------------------------------------


・フレームのディスクブレーキ台座の面出し加工を行います。

--------------------------------------------------------------------
3 - フロントフォークのディスクブレーキ台座のフェイシング処理
--------------------------------------------------------------------


・フロントフォークのディスクブレーキ台座の面出し加工を行います。

--------------------------------------------------------------------
4 - パーツの取り付け
--------------------------------------------------------------------


・同時にご購入頂きましたヘッドパーツ、B.B.、アンダーガード等の取り付けを追加料金無しで承ります。
・フェイシング加工や再タップ作業を行わない場合、パーツの取り付けは出来ません。

--------------------------------------------------------------------
5 - 削り加減
--------------------------------------------------------------------


(※1)ヘッドチューブやB.B.パイプの開口部が大きく傾斜している場合、完全に面を出すためには無用に削り込む必要が生じます。
フェイシングはそもそも凸を失くすための作業であり、3/4周以上面が出ていれば機能的には問題ありません。

削り過ぎる事でヘッド角が変わったり、チェーンラインの調整にスペーサーが必要になったりするので、特別な理由が無ければ当社では無用な削り加工を行わない事を基本としています。

「中途半端なのは受け付けない、機能云々より見た目が大事!」という方は、「とにかく完全に削る」を選択して下さい。

======================================================


<< とても重要 >> ------------------------------------------------------

「一部販売店の戯言で、フェイシング加工なんて必要無い!」と宣う方もおられますが、フェイシング加工は必須です。

・B.B.

工場出荷時点でフェイシング加工を施すケースも稀にありますが、未加工で出荷されるのが基本です。
フェイシング加工を施さない場合、ほぼ100%のフレームに「何度締めてもすぐB.B.が緩む」「B.B.のベアリングが壊れやすい」という症状が出ます。

・ディスクブレーキ台座

工場出荷状態のディスクブレーキ台座は、キャリパーの取り付け部分の面が出ておらず、ゆがんでいるのが通常です。(切削途中の写真を見れば一目瞭然ですね。)
この状態ではディスクパッドとローターが平行に取り付けできない=正常なセッティングが出来ないだけでなく、キャリパーを無理矢理取り付けるとキャリパーにネジレを生じ、早期にオイル漏れを起こす原因となります。

======================================================

 
  • ●作業に伴い、アルマイトや塗装が剥がれ、素材の地色が露出します。
    また、塗装された製品の場合は、加工部分周辺の塗装も剥がれてしまう場合がございます。
    ●細心の注意を持って作業を行わせて頂きますが、加工や作業に伴う傷を生じる場合がございます。
    ご理解の上作業をご依頼下さい。