トップ > TRIAL > フレーム > 26inch > OZONYS - Curve26
Brand Index > OZONYS > Frame > OZONYS - Curve26
フレーム > Trial 26 > OZONYS - Curve26

OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26
OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26
OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26
OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26 OZONYS - Curve26
拡大画像

OZONYS - Curve26

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------
商品コード : oy12iCV26
価格 : 105,000円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Color

選択
Blue
Navy
Orange

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
【OZONYS】のブランドがCREWKERZの母体であるSerious社に移行しての第一弾にして、Curveとしては10代目となる【Curve】の26in。

メインパイプを1本のパイプで構成するCurveの象徴的なデザインはもちろんですが、各所の部材もOZONYSの創始者であるブルノ―・アーノルドが造り上げてきたものをキッチリと踏襲。リアハブがCREWKERZ流のスルーアクスルに対応できる様にアレンジされるなど、細かなアレンジはあるけど、共に時代を築いてきた僚友の思想を崩さないところに、絶大なリスペクトを持ってブランドを引き継いだCREWKERZの姿勢が見受けられます。

「すげぇんだ、このフレーム!ロケットみたいに跳んでくんだぜ‼」と某トップライダーが評したCurveのしなやかさはそのままに、CREWKERZ流のガッシリ感を得て進化&深化したフレーム。
「ハイエンド機に乗りたいけど、CREWKERZ-Jealousyの様な硬めのフレームにはちょっと抵抗がある」という「しなやか路線」のライダーさんや軽量級のライダーさんにはベストな1台と言えます。

もちろん、ジオメトリーも前作から継続。CREWKERZと同じく、高すぎないB.B.位置も好印象です♪

Commentary
ライバルでありながらも尊敬しつつ、尊重しつつ…。時代を作ったトップメーカー同士の融合、それだけでもうゾクゾクします。
前回りをパイプ1本で作るのは構造力学的にはかなり無理があるのですが、無理のあるデザインを実用化できたのはブルノ―が某自動車メーカーでエンジニアとして働いた経験があればこそ。
その経緯と情熱を受け継ごうと決めたCREWKERZのスピリット。
両社の設立から今日に至るまでの経緯を知ってる我々代理店としては感涙モノのフレームです。
パイプワーク
シートチューブの代わりに、B.B.とシートステーを左右別々のパイプでつなぐアイデアは初代Curveから変わらずに採用。
現在ではアタリマエのこのデザインのアイデアの出所がOZONYSの創始者であるブルノ―です。
ウニョっと湾曲した1本のパイプでトップ&ダウンチューブの代用とする【Curve】のデザインも、元々は2本のパイプを抱き合わせて溶接してたのを、ハイドロフォーミングの技術の進化で1本のパイプで製作する事が可能になりました。
見慣れたデザインにも試行錯誤や苦悩の歴史が詰まってると思うと、感慨深いでしょ?
ヘッドチューブ
OZONYSのロゴマークである王冠を基調に、可能なかぎり削り込んだヘッドチューブ。
前作のデザインをそのまま引き継いでいるのは、軽量と強度&耐久性のバランスに優れていればこそです。
B.B.
メインのパイプは、シートステーとの接合部分からがB.B.に向けて細くなりながらも、いびつな五角形とする事で横方向のネジれを抑える様に配慮した特殊な形状。自由にパイプを作れるハイドロフォーミングの利点を最大限に活用してます。

シートチューブを2本に分けて、B.B.とシートステーを接続するのはOZONYSお得意のデザイン。B.B.後方のヨークもOZONYS伝統のデザインを踏襲。ペダリングの力を確実にフレーム全体に伝達してくれます。
ブレーキ台座
ブレーキ台座は削り出しのプレート。極力背を低くする事で、シートステーのパイプで確実にブレーキングの力を受け止める様にと配慮したデザインも、前作から引き継いでいます。
 
リアエンド
スプリング式のチェーンテンショナーはCREWKERZのお家芸ですが、CREWKERZの前身である【ATOMZ】に採用する時期と前後して、OZONYSも【Curve-v1】に採用してました。
チェーンテンショナーの取り付け方法に四苦八苦した後、独自の固定式のチェーンテンショナーに移行しましたが、前作v9からCREWKERZ方式を採用しました。
リアハブの固定方法がCREWKERZ流のスルーアクスル方式に変更となりましたが、リアエンドの部材は前作を踏襲してるのは、CREWKERZから見てもこのデザインが秀逸であると思えるからこそですね。  


      
ホイールベース: 1,085mm
チェーンステー: 380mm
B.B.ハイト: +65mm
ヘッドアングル: 72°
マニューバスペース: 663mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
   
ヘッドチューブ: 125mm
1.5テーパー  インテグラルZS
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

   
リアエンド: 135mm / 12mmスルーアクスル
リムブレーキ台座(HS): 取り付けボルト幅:100m
   
重 量:

1,685g

   


 

  • Curve 26 のフレームの多くは、B.B.内部にクラックを生じています。B.B.パイプの中央部分が少し薄くなっている所に、しっかりと熱をかけて溶接した後、急冷されたのが原因であり、つまりパイプの厚みのある部分はべったり溶接されている事の証明です。
    左右も上面もべったりと溶接された上に、B.B.を中に通して使用するので、使用に伴いこのクラックが広がったり、このクラックが原因でフレームが壊れるという事はありえません。ご購入より1年間の期間に、このクラックが原因でフレームが破損した場合は無償で新品のフレームに交換致します。
    (同型のフレームが用意できない場合は後継機で代替させて頂きます。)
    アルミが完全にヘタってしまえば不可解な壊れ方をする事もあるので期間を有限としますが、永久保証でも良いくらいです。このB.B.パイプ内部のクラックが原因でトラブルが起こる前に、フレームの寿命はとっくに尽きてるはずなので。

  • ☆製品により差異はありますが、OZONYSの製品の仕上げは良好とは言えません。表面の仕上げが荒かったり、グラフィックがずれていたり、傷が入っていたりという事が多々ございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・トライアル用のフレームを構成するパイプは薄めになっています。強くぶつければ変形する事があり、凹みはクラック(割れ)の原因になります。
    トライアル走行の中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、厚めのゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦め致します。