トップ > ウェア&プロテクター > シューズ > biontech - インソール Super Light

biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light
biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light
biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light biontech - インソール Super Light
拡大画像

biontech - インソール Super Light

商品コード : xx90BOTC
価格 : 3,960円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size

選択
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
これは絶対のオススメです!!
---------------------------------------------------------------------------------------

自宅で作れる熱成型インソール【biontech】。
「大きく飛びたい!」とか「ピタっと止まりたい!」とか、要はトライアルにおいて上達したいなら必ず使いましょう。

・シューズを最高の状態にしたいなら、優れた技術者さんに【SIDAS】のインソールを作ってもらうのがベストです。
・「近くに作ってもらえるお店が無い」とか「半信半疑だから、とりあえずお試しで…」というなら、このbiontechを使って下さい。


●作り方は…

1 シューズから純正のインソールを取り出す
2 純正のインソールに合わせて、ビオンテックのインソールをカットする
3 レンジでチン(温め過ぎると後ほど悶絶します)
4 シューズの中に温めたインソールを入れて、カカトを後方にしっかり当てて、靴紐を締めて、直立姿勢で2分間。
5 2分間経過したら、そのまま1時間靴を履いたまま過ごす。

これで完了。とっても簡単です。
インソールが薄くてシューズの中でカカトが浮く様であれば、純正のインソールを丸ごと、もしくは後ろ半分をbiontechの下に仕込む等で調整します。
個人的にテストしたシューズでは、ペラペラのインソールを下に敷いてもまだカカトのホールドが不十分なので、ちょっと厚みのあるインソールをbiontechの下に敷く事で完璧な仕上がりになりました。
(Superlightでないスタンダードタイプだと、厚みがあるのでペラペラのインソールで対応可能だったんですけどね。SuperLightの方がサイズが充実してるので当社ではこちらを扱う事にしました。)


3回位は熱成型をやりなおせるらしいので、シューズ内部の形が極端に異ならない限りはシューズが変わってもインソールの流用が可能です。

まさかご家庭で作れる様になるとは…。
驚異的な商品です。是非使って下さい。



以下、変態的にマニアックな話です。
「上達したいならbiontech使いましょう」という話が信じられないなら、読んで納得して、購入して上手くなってもらえればと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------

●カスタムインソールの何が良いか?

・足の裏とシューズの密着度が上がるので、足のセンサーが鋭敏になります。

繊細なバランスの調整も、大きく跳ぶにも「どのタイミングで、どのくらいの強さでペダルを踏むか?」が肝心です。「カスタムインソールを使用した瞬間から、繊細なペダリングやタイミングのコントロールが出来る様に…!」なりません、さすがに魔法のアイテムでは無いので。

センサーが鋭敏に=高性能になれば、「微妙な踏み加減が出来ているかどうか?」がわかりやすくなります。
例えば、ピタっと止まろうとして、「あ、バランスが右に崩れたから、右足の荷重を少し左に移そう」として、それでもバランスが補正できなかった時。
「左足に30gくらい荷重を移すつもりが、20gしか移せなかったから右に傾いたままだったんだ」とか、「左足に30g移すつもりが、50gも移動したから、今度は左にバランスが崩れたんだ」とか、センサーが鋭敏なら感じる事ができるし、「30gの荷重移動が必要な時に、正しく荷重を30g移動する」という技術が身につきやすくなります。
(数字は適当です。何g単位でコントロールしてるのか、実際は知りません。計ったこと無いので。)

大きく跳ぶ時に「ハンドルバーを引いて上半身を引っ張り上げて…、このタイミングで右足を蹴って、0.XX秒後に左足でペダルを踏み込んで…」というタイミングのコントロールも同様。

「よくわからないまま、当てずっぽうで身体を動かす」のと、「自分の動きを知覚して、正しい動きになる様に調整できる」のとでは、上達のはやさが違います。


・シューズの中で足がズレない=力が逃げない

片足でつま先立ちするとわかりますが、細かなバランス修正をする時に、足はとても複雑な動きをします。せっかく足が繊細な動きでバランスを補正しようとしてるのに、シューズの中で足が動いてたら、足の動きが正しくバランスの補正につながりません。

荷重を50g移そうとして、正しく50g移せてるのに、シューズの中で足が動いて実際には40gしか荷重が移ってない

「これだけのバランス補正には50gの荷重移動が必要だと思ったけど、正解は40gなのか…」

脳内で補正して40g移したつもりが、今度は20gしか伝わって無い…

出口のない迷路です。
シューズの性能不足は、確実に上達を妨げます。


大きく&高く跳ぼうとして、筋肉が頑張って力を発揮してるのに、シューズの中で足が動くと、力が正しくバイクに伝わりません。大いなる損失です。
カスタムインソールで足とシューズの密着度が高まれば、この力のロスも大幅に抑える事ができます。
大きく&高く跳びたいならカスタムインソールは必須です!



---------------------------------------------------------------------------------------
カットして使用するのが前提なので、少し大きめに作られてます。
 
ユーロサイズ 全長(cm)
35 23.4cm
36 24.0cm
37 24.7cm
38 25.4cm
39 26.0cm
40 26.7cm
41 27.4cm
42 28.0cm
43 28.7cm
44 29.4cm




 
  • ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく 異なって見える場合がございます。