トップ > STREET > ホイール > リム > 24inch > Full Marks - カーボンリム 24in
Brand Index > Full Marks > Wheel > Full Marks - カーボンリム 24in
ホイール > リム > Street > 24inch > Full Marks - カーボンリム 24in
軽量化にオススメ > ホイール > Full Marks - カーボンリム 24in

Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in
Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in Full Marks - カーボンリム 24in
拡大画像

Full Marks - カーボンリム 24in

リム径[Size]:24inch | リム幅[Width]:30.2mm | 穴数[Holes]:32H
重量[Weight]:410g
商品コード : fm44CBN2432
価格 : 33,000円(税込)
数量
 

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
2016年頃にカーボン製品を作る工場が乱立したけど、その後の世界的な自転車不況でロード/MTB等のカーボン製品が売れない⇒工場は仕方なくカーボン製品の大安売り…。という事でカーボンが溢れる2019年。

小さな工場だと少ないロットでも引き受けるし、とにかく安く仕上げてくれるけど、そんな仕事に手間ヒマかけてくれるわけでは無いので、欠陥品も多くなります。
まぁ、粗悪な物も、そこそこの物も増えてきたからこそ品質の比較も出来るわけで、そんな中でGDRが選んだのは台湾の老舗のカーボン屋さん。
入念なテストを経て、これならOKという事でプロデュースです。


強度&耐久性を考えると、どうしても厚みが必要になるので、軽量に仕上げるのはこの位が限界。
結局、Inspiredのv2リムと比べても劇的には軽くないけど、その分剛性に関してはアルミを凌ぐ仕上がり。ガチっと硬め=変形しにくいので、マニュアルやダニエル状態での安定感も増すし、大きく飛ぶ時のヨレというか、ロスも少なくなります。

変形しにくいという事は、長期間の使用でも振れにくいという事でもあるので、「メンテナンスは極力したくない!」というライダーさんにも好都合なリムだと思います。
(スポークの張り加減が滅茶苦茶であれば歪むので、組み上げの段階で正確にスポークが張られているのが前提ですが…)


気になるのは強度&耐久性ですが、アルミと同等と考えてもらって差し支えありません。
「無理な高さからの飛び降りで、段差の角に強くリム打ちした」等、アルミのリムが割れる/めくれる等で修復不能なところまで変形する衝撃を与えると、カーボン製のリムも壊れます。
「リムなんて壊した事ないよ」というライダーさんなら問題ないし、「これまでに壊した事がある」というライダーさんであれば、リスクと軽量化のメリットを天秤にかけて考えてもらえればと思います。


コストと軽量化とリスク。
なかなか判断が難しいところですが、リスクに関して考えると「カーボン製のフレーム、フロントフォークやハンドルバーに比べて、リムは特別リスキー」とは感じません。
ホイール周りの軽量化は取り回しの軽さや乗り味の変化に直結するので、このメリットを考えると有用なパーツであるのは間違い無いと思います。




 
  • ☆【重要】
    タイヤの空気圧は8.0kgf以内、スポークテンションは180kgf以内の使用制限がございます。
    これらの数値を超えてご使用頂いた場合は補償の対象となりません。
    ☆カーボン製品の重量は製品ごとにバラつきがあります。本製品にも±10g程度の差がございますので、ご了承の上ご注文下さい。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。