トップ > TRIAL > 完成車 > 20inch > CLEAN - X1 20in
Brand Index > CLEAN TRIALS 2.0 > Bike > CLEAN - X1 20in
完成車 > Trial 20 > CLEAN - X1 20in

CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in
CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in
CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in
CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in
CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in CLEAN - X1 20in
拡大画像

CLEAN - X1 20in

困った時にも安心のサポート♪
お近くの販売店でのご購入をオススメします。

詳しくはこちら-->

 


 

[完成車の組み立て] 

← 個人のお客様は完成車と一緒にこちらを依頼ください。
※当社での組み立てを希望されない場合も、必ず「組み立て不要」のご要望をお知らせください!



 

クランク変更オプション [Isis]

完成車のクランク長を変更するオプションをご用意してます

【CLEAN - X1 20】 ブレーキアップグレード

ディスクブレーキをHOPEにアップグレード

商品コード : cl11i20X1
価格 : 226,000円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size

選択
970mm×売り切れ
1005mm

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
CLEANがプロデュースした最初のバイク(フレーム)がこの【X1】の20in。アベル自身が乗って2015年の世界選手権&ワールドカップを制したバイクです。

『AS30クランクセット』を採用した【X2】の登場で、このX1は「ミドルレンジ」という位置づけになりましたが、このバイク&フレームのポテンシャルは変わりません。
シャキッと芯のある程よい硬さでバランスが崩れにくく、それでいてペダルを踏み込めば気持ちよくフレームが跳ねてくれる。【X2】ほどに反発が強烈で速く無い分、多くのライダーさんにとって扱いやすいと感じるフレームだと思います。

「価格を抑えつつ、強度・耐久性を損なう事無く、それでいて無用な重量化は絶対に避ける!」というCLEANの信念が感じられるパーツスペックも好印象。
「ガンガン乗ってもっと上達したい!」という初〜中級者さんはもちろん、フレームの好みが合うなら上級者さんにも気に入って乗ってもらえる1台です。

フレームのサイズは、大人が乗る一般的なサイズのホイールベース:1,005mmのモデルに加えて、ひと回りコンパクトな970mm。
「キッズモデルはもう小さいけど、大人用だと大きい」という段階の子供さんはもちろん、「ブンブン振り回して遊びたい!」という事であれば大人が970mmのサイズに乗るのも楽しいですよ。
小柄なライダーさんが乗る場合は、身長に合わせてクランク長を変更するオプションをご利用下さい。
 
Frame
GDRとしては2015年のMVPだった初代【X1】。
よく出来たフレームなので、基本的なジオメトリーやパイプワークはそのまま継続。旧モデルからの変更点としては、リアエンド右側のブロック。カーボン製フレーム【K1】と同様、チェーンテンショナーの台座を交換可能なブロックとして、エンド内部に埋め込むデザインが採用されています。

決して「ハイエンドモデルに続くミドルレンジ」というわけではなく、「ハイエンドモデルと呼ぶに十分なフレームを、お手頃価格で仕上げたバイク」というのがこの【X1】の正当な評価だと思います。
Front Fork
旧モデルは『1-1/8 OS』サイズのフロントフォークを採用していましたが、このレッドのモデルからは上位モデル【X2】と同じ『1.5テーパー』のフロントフォークを採用。
7000系アルミを用いたフォーク&太めのコラムでガッシリ感を強調したモデル。フロントフォークの剛性が問われる昨今のライディングを考慮してのアップグレードですね。
Steering
高すぎず低すぎず…のステムに、アルミ製のライズの高いハンドルバーをセット。
近年ではヨーロッパの20in乗りのトップライダー達も、26inと同様にハンドルバーを前に倒したセッティングが流行。前に倒さないオーソドックスなポジションにも前倒しのセッティングにも対応できる組み合わせです。

 
Drive Train
BSA(ネジ込)式のオーソドックスなクランク & B.B. を採用。
使おうと思えば30mmシャフトのクランクセットを組みこむ事も可能だし、軽量級のライダーさんなら『スクエアテーパー』のクランク&B.B.を使用する事も可能。セッティング幅が広いのもまた、この【X1】の魅力と言えますね。

チェーンテンショナーにはスプリング式の物を装備。
障害物にぶつけにくいし、チェーンの張り具合の調整も簡単。 チェーンが緩まないのでペダリングのロスも無し。 使わない理由が見つからない、極めて有効なパーツです。
 
Wheel
ハブには軽量タイプでは無く、この【X1】に合わせて用意したモデルを採用。
ゴツっと大き目で、ハブ自体の強度・耐久性が高いだけでなく、フランジが大きい分ホイール全体の剛性も向上。
また、このハブは非常に優秀で、「ディスクブレーキ用ハブなのに、左右のスポークのテンションが均等になる」様にデザインされてます。上級者さんが乗れば「コイツはすげぇ!」と納得してもらえる、あなどれないハブです。
シングルウォールのリムや自社製のタイヤ【KOALA】、アルミニップルも標準装備。決して価格を下げることだけを追及するのではなく、求める性能を第一に考えているメーカーの姿勢があちこちに見られます。
 
Brake
ブレーキには価格を抑える為【MAGURA - MT2】を採用。
「制動力が不十分」と感じるライダーさんや、「せっかくのバイクだから、妥協の無いスペックで乗りたい!」というライダーさん向けに、HOPE社製のブレーキへのアップグレードオプションも用意してくれています。

ローターには自社製の物。前後とも同じ物に見えますが、フロント用はより軽く、リア用は肉を残して耐久性の向上を狙ったCLEANの自信作です。
 

     
フレーム: CLEAN - X1
フロントフォーク: CLEAN - X2
     
Steering
ハンドルバー: CLEAN アルミ
ステム: CLEAN 145mm x 25°
ヘッドパーツ: CLEAN インテグラルZS
グリップ: CLEAN スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク: CLEAN - X1 160mm
フリーギア:

CLEAN - 18T 108ノッチ

固定ギア:

CLEAN アルミ  12T

チェーン: KMC
チェーンテンショナー: CLEAN スプリング式
ペダル: CLEAN
アンダーガード: CLEAN
     
Wheel
フロントハブ: CLEAN - X1 ディスク
リアハブ: CLEAN - X1 ディスク
リム: CLEAN シングルウォール F:28H/R:32H
タイヤ: CLEAN - KOALA
     
Brake - Disk
ブレーキ本体: MAGURA - MT2
ローター: CLEAN F:160mm/R:162mm
     
完成車重量: 8.26Kg(1005mm)
     
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。



 

  • ☆フレームは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。