トップ > STREET > フレーム > 24inch > OZONYS - PHANTOM
Brand Index > OZONYS > Frame > OZONYS - PHANTOM
フレーム > Street 24 > OZONYS - PHANTOM

OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM
OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM
OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM
OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM OZONYS - PHANTOM
拡大画像

OZONYS - PHANTOM

商品コード : oy12gPTM
価格 : 96,000円(税込)
L2-5
数量
 

96000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
フロントフォークとセット購入で10% OFF!
----------------------------------------------------------

どんどん進化するライダー達の、ストリートシーンでのハードなライディングに耐える強度&耐久性を求めてCr-mo材を愛用する様になったけど、最初にOZONYSがプロデュースした『ストxトラ』第一段はアルミ製のフレームの【King of Dunce】でした。
3代目まで続いた後にCr-mo製フレームにシフトしたけど、アルミでも強度・耐久性で極端に劣るというわけでも無かったし、一周回って「やっぱり軽いフレームが良い!」というライダーさんも少なくない。

という事で復活のアルミ製フレーム【PHANTOM】、ワークスライダーの入念なテストも経て堂々のプロデュースです。

BMXの様なリアルストリート路線で攻めるなら、Cr-moのタフさは魅力だし、「大きく飛んで着地する時の体の負担の少なさ」もまた捨てがたい魅力。
でも、トライアルのムーブを考えるならやっぱりこの軽さは魅力的だし、ストリートに置いてもバイクを振り回すなら少なからぬ恩恵があります。

アルミかCr-moか?
乗り比べて、ガンガン攻めて、自分のスタイルにマッチする素材を見極めて欲しいと思います。

Commentary
Cr-moのフレームに比べるとパイプが太い分「ドシ」っとした印象になるはずですが、かなり明るめのブルーメタリックでペイントされているおかげで素材以上に軽やかなイメージで登場の【PHANTOM】。

ジオメトリーは初代ストxトラモデルの【King of Dunce】とほぼ同じ数値なのが興味深いですね。
熟成を進めてきたCr-mo製の【Smith】や【CROWN】に比べて、わずかではあるけどフロント周りが長めのデザイン。「用途が同じでも」素材に応じてジオメトリーは少し調整した方が良い」という事を理解していればこそのデザインだと思います。
 
パイプワーク
Cr-moのフレームと変わらないシンプルな造形。
テスト用のプロトタイプには湾曲したダウンチューブを採用していたけど、フレームのヨレを懸念してストレートなパイプを採用。

この△三角形を二つつなげた自転車の基本形は本当に良く出来てるので、王道に沿ったオーソドックス&堅実なデザインを採用しています。

 
ヘッドチューブ
トライアルモデルには『1.5テーパー』のサイズを採用しているOZONYSですが、このフレームには1-1/8”のオーソドックスなサイズを採用。

「トライアルにおいては1.5テーパーの恩恵を感じる瞬間がいくつかあるけど、それはストリートには当てはまらない」という解釈でしょう。
 
B.B.
B.B.はBSA(ネジ込)を採用。
BMXの様なCr-mo製のクランクも、MTB用の2ピースクランクも、ISISのオーソドックスなクランクも、幅広く対応できるのは魅力的。

B.B.の後方は大型の部材を左右に配置。この左右の部材とB.B.のパイプをガセット(補強プレート)で接続する事で、「仮想削り出しヨーク」の体を作り上げています。

コストを抑えつつ、軽くて効果も十分。良いアイデアだと思います。
 
シートセクション
高い段差を飛び降りたり、グルっと回って着地したり…というストリートのライディングで一番大きな負荷がかかってるのがシートセクション。クラックの名所ですね。

シートチューブとトップチューブの接合部分には、OZONYSがアルミ/Cr-mo問わず採用している、△三角形のプレートを溶接する事で、効果的に力を分散させて故障を防ぐという手法を採用。

最小限の重量増で十分な効果を得られるというOZONYSの自信が感じられます。
壊れない様に…と、単純にゴチゴチに硬めるだけでは乗り味を損な
 
ブレーキ台座
ディスクブレーキ台座はポストマウント。

削り出しの部材を、シートステーのパイプと広範囲で溶接するのはもちろん、台座の前方にはガセットプレートを溶接していたり、シートステーとチェーンステーの間にはブリッジパイプを渡したりと、ブレーキの力を確実に受け止めることでライディング中のヨレを抑えつつ、強度・耐久性の向上にも貢献するデザインです。
 
リアエンド
たっぷりと前後長を確保したリアエンドは、BONZ(OZONYS)オリジナルのチェーンテンショナーの使用を前提としているから。
長いボルトで前後位置を調整して、横方向のボルトを締め付ける事でガッチリとフレームに固定。調整しやすく、かつ固定力が高い使い勝手の良いパーツです。

もちろん、BMXの様なロリポップ(ナット引き)タイプのチェーンテンショナーの使用も可能です。
 
      
ホイールベース: 995mm
チェーンステー: 355mm (+5mm/-5mm)
B.B.ハイト: +10mm
ヘッドアングル: 74°
マニューバスペース: 660mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
トップチューブ長: 580mm
フレームサイズ: 200mm
  
ヘッドチューブ: 130mm
1-1/8 インテグラルZS
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

  
リアエンド: 135mm / トラックエンド
BONZ チェーンテンショナー付属
   
シートポスト径: 27.2mm
     
ディスクブレーキ台座:

ポストマウント

180mmローターに対応
  
重 量:

1,994g

  


 


  • ☆製品により差異はありますが、OZONYSの製品の仕上げは良好とは言えません。表面の仕上げが荒かったり、グラフィックがずれていたり、傷が入っていたりという事が多々ございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ☆ストリート向けのフレームは頑丈に作られてはいますが、パイプは薄めになっている場合があります。強くぶつければ変形する事があり、凹みはクラック(割れ)の原因になります。ライディング中にフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、厚めのゴムやプラスチック/カーボンなどで保護する事を強くお薦め致します。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。