トップ > TRIAL > フレーム > 26inch > ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
Brand Index > ECHO > Frame > ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
フレーム > Trial 26 > ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]

ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS] ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]
拡大画像

ECHO - 26 Mark.6 [PLUS]

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------
商品コード : ec12g26M6+
価格 : 49,000円(税込)
L3-5
数量
 

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
ECHOがプロデュースするスタンダードモデルの26in。
多くのメーカーが「硬さ」を求める中で、ECHOは相変わらず「しなやかさ」を持ち味としたフレームをプロデュース。

「ペダルを踏み込んでしっかりフレームをしならせて飛ぶ!」というスタイルのライダーさんはもちろん、「自然地形の中での細かい動きでバイクがヒョイヒョイ進むのが好き」というライダーさんや、「しなりとか、よくわからないけどとにかく楽に乗れるバイクが良い」というライダーさんにもオススメしやすいフレームです。

「しなりの使い方を理解してマスターしたい」という段階のライダーさんには特にオススメですね。
硬いフレームではつかみにくい「どれだけペダルを踏みこんだら、フレームがどういう風に反応する」とか、「縦方向のしなりを引き出すプッシュの方向を考える!」なんて時に、このフレームは最高の教材になってくれると思います。


「細かい所まで徹底的にコダワれる」のも、「コストパフォーマンスが異様に高い」のも、フレームを自社で生産するECHOならでは。他メーカーが手を出そうともしな『インテグラルIS』のヘッドパーツに対応できるのも、「着色の後にもう一度加工を行う」という面倒かつコストのかかる作業を難なく行える、ECHOのフットワークの軽さと技術力があればこそです。

「価格だけでは性能は測れない」という事をリアルに教えてくれる1台です。

Commentary
ECHO社が本格的にフレームの製造を開始してから20年。
現行の【Mark XX】シリーズも、このモデルで7代目(6.5代目?)となります。少しずつアレンジを加えながら、それでも基本的な造形を大きく変更することなく継続してきた伝統を踏襲しつつ継続してきたのは、それだけよく出来たフレームだからこそでしょう。

伝統を大事に。
それでも、ここにきてECHOのアイデンティティのひとつである「イモネジ式のチェーンテンショナー」を潔く廃止。
スプリング式のチェーンテンショナーに対応するモデルとして登場の【Mark6 PLUS】です。
 
パイプワーク
【GU】のフレームの様にダウンチューブを上方に湾曲させた事で、「コンペ向け車両」という雰囲気が強まってはいますが、各部のパイプは前作と共通なので、ECHOらしい「しなやかさ」と、強度・耐久性のバランスは継続。
ガチっと硬く…という志向でフレームを作るメーカーが多いなかにあって、希少な『やんわり&しなやか系』は希少な存在と言えます。

 
ヘッドチューブ
下側を大口径化した『1.5テーパー』を採用しつつ、ECHOならではの「ベアリングを直接ヘッドチューブに取り付ける『インテグラル IS』の方式」を継続して採用。

ワンが要らない分軽量だし、ZSの様に下側のワンが変形するトラブルとも無縁。
フレームに着色するアルマイト加工の後の最終工程でヘッドチューブの加工を行うという、フレキシブルなフレーム造りが出来るからこそ実現できるインテグラルIS。ECHOならではの特権と言えます。
 
B.B.
ベアリングをフレームに圧入する『スパニッシュ』もまた、ECHOの変わらないスタイルでありアイデンティティですね。
BSA(ネジ込)に比べてベアリングが大きく、またベアリングのリングが厚い事で強度・耐久性が格段に高いのが魅力です。

B.B.後方の削り出しのヨーク部分も前作と共通。
ゴツっと厚みをもたせつつも、左右のプレート部分は厚くなり過ぎない様に削り込むことで、太目のタイヤも許容するクリアランスを確保しつつ、チェーンステーとの接合面積を大きくヨレヨレしない剛性をもたせつつ、ガチっと硬くなり過ぎない絶妙なバランスをもたらすデザインです。

 
ブレーキ台座
HS(油圧リムブレーキ)台座は、ビルトインブースター一体型のデザインを採用。
太目のタイヤも許容できる様にクリアランスを確保しつつ、たっぷりと厚みを残す事で、ハードなブレーキング時のフレームの開き=ブレーキの力の逃げを抑える様に配慮。
また、ブースター部分から台座部分までをべったりとフレームに 溶接する事で、フレーム自体の無用なヨレを抑える効果も期待できます。

ブレーキ台座の固定ボルトには、通常のM5サイズではなくM6を採用。独自路線を貫き過ぎると他社とのパーツの互換性が悪くなるけど、お手頃価格のブレーキクランプをホイっと作ってしまう事で、独自規格のデメリットを感じさせないのもECHO流です。
 
リアエンド
ECHOの定番であった『イモネジ式チェーンテンショナー内蔵』のリアエンドプレートを廃止。変わって、スプリング式チェーンテンショナーを取り付ける方式を採用しました。
チェーンテンショナーの台座を兼ねることで大型化したリアエンドのブロックは、従来のリアエンドプレートに比べてかなりゴツっとした造形。ECHOらしい『しなやかさ』を残しつつ、リア周りのガッシリ感が強化されていると考えられます。

リアエンドブロックには、ECHO社製のチェーンテンショナーのみ取り付け可能。
ハブシャフトに取り付けるタイプのチェーンテンショナーであれば、他社製品も使用可能です。


     
ホイールベース: 1,085mm
チェーンステー: 380mm (+5mm/-5mm)
B.B.ハイト: +65mm
ヘッドアングル: 73.5°
マニューバスペース: 617mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 112mm
  

1.5 テーパー  インテグラルIS

    
B.B.:

スパニッシュ / ECHO TR B.B.付属

   
リアエンド: 135mm / トラックエンド

ECHO製チェーンテンショナー対応

リムブレーキ台座(HS): 取り付けボルト幅:100mm

取り付けボルトサイズ:M6

  
重 量: 1,913g (B.B. 含む)
重 量:

1,638g (フレームのみ)

   


 


  • ☆このフレームにはECHO社製のチェーンテンショナー、もしくはハブシャフトに取り付けるタイプのチェーンテンショナーが必要となります。
    また、これらのチェーンテンショナーを取り付ける都合上、ハブのボディとフレームとの間に10mm以上のすきまが必要となります。ハブのシェル幅が広い=スぺ―サーが薄いタイプのハブはご使用頂けません。
    ☆製品により差異はありますが、ECHOの製品の仕上げは良好とは言えません。  金属加工の面では優秀なのですが、アルマイトが不均一であったり加工跡が残っている場合がございます。ご了承の上ご用命下さい。 ・ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値、その他は極力実測値を掲載する様努めております。 ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。 ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。