トップ > 完成車 > MTB > HOPE - HB160
MTB > 完成車 > HOPE - HB160
Brand Index > HOPE > Bike > HOPE - HB160

HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
HOPE - HB160 HOPE - HB160 HOPE - HB160
拡大画像

HOPE - HB160

困った時にも安心のサポート♪
お近くの販売店でのご購入をオススメします。

詳しくはこちら-->

----------------------------------------------------------
製作ストーリーとライディングの映像、公開されてます。

 製作ストリート   ライディング 
商品コード : hp11fHB160
価格 : 1,086,000円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size

選択
S×売り切れ
M
L×売り切れ
XL×売り切れ

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
●写真のバイクは『ブラック』です。

●ブラック / ブルー / グリーン / オレンジ / パープル / レッド / シルバー のカラーリングでご用意する事も可能です。
フレームのピボット・ステム・ハブ・ブレーキ がカラーリングの対象となります。

●受注生産品となります。
ご希望のサイズ・カラーをお聞かせください。
 

「いつの日か、コンプリートバイクを作りたいと思ってきた。自転車のコンポーネントだけでHOPE社の事業が成り立つ様になった頃からずっとだ。私達の作るパーツは最高の品質の物だと信じてる。我々が作る最高のパーツを使って、一切の妥協の無い最高バイクを作りたいと思うのは当然の事だろう?」

HOPE社入魂のバイク【HB160】
堂々のプロデュースです

 

「焦らずに、急がずに、何事も着実に進める。」というHOPEの信念が、良い製品造りや充実したサポートを実現しているのは事実。
でも、この堅実な姿勢のおかげでHOPE社の夢であった完成車のプロデュースにはずいぶんと時間がかかってしまいました。

当初はスチールで、時代の流れに合わせてアルミで…と、その時々の流れに合わせて方向転換しつつ温め続けたアイデアが2017年遂に集結。MTBの本流となっているカーボン製フレーム&27.5インチのホイールサイズのバイクに仕上がりました。

大きなジャンプを飛んだり、限界を超えたスピードで山道をカッ飛ばす…、そういったハードコアなバイクではなく、HOPEが目指したのは「快適であり、扱いやすくてMTBに乗る事を心底楽しめるバイク。」
160mmトラベルのサスペンションに長すぎないホイールベース。サスペンションの性能を確実に弾き出すための程よく寝かせたヘッドアングルと絶妙なスイングアーム&ピボットのデザイン。
取り回しの軽さ&回頭性の素直さや、サスペンションの性能が如何なく発揮されている事&カーボンフレームのしなやかさがもたらす安定感は、ライディング動画の中で十分にご理解頂けると思います。


ライダーさんの体格と好みによって…。また、一人のライダーさんでも「どんなシチュエーションで、どんな乗り方をするか?」によって、ベストな機材は違って然るべき。だから、「誰が乗ってもベストなバイク」を作るのは極めて困難。

でも、多くの方が乗って「こいつは楽しいね!」と言ってもらえるバイクなら作れると思うし、この【HB160】はそういうバイクだと思います。

実重量&取り回しの軽さと安定感…、日本のトレールや整備されたコースでも楽しく乗れそうですね。
こいつはスゴイ
存在感あります、強烈に。

たかが『モノ』と言ってしまえばその通りだけど、情熱とかコダワりを詰め込んで作られたモノには性能や外観のカッコ良さとは違う、何とも言えない魅力を感じるものです。
年間数100点の新商品を扱ってれば、「コイツはすごいな…」というモノもあれば、「何だこりゃ?」という様な物もあるわけで、そんな中でも特別な空気や存在感を放ってる製品にはスタッフ一同でタメ息を漏らしたり…。

この【HB160】、 派手なカラーリングではないけど、100台のバイクに埋もれててもきっとこのバイクはすぐに見つけられる、その位の圧倒的な存在感を放ってますよ。
 
Commentary
通常、メーカーが完成車を作るとなると、台湾・中国のフレーム工場に設計図を渡して作ってもらって、パーツをかき集めて組み立てたり、もしくは「『組み立て屋さん』にパーツの手配から組み立てをお願いするというのが通常の流れです。

フレームを作るにしても、全ての部材を一から作るとなるとコストが掛かり過ぎるので、既存の部材やパイプを寄せ集めるのが王道。時には「こんなフレームは作れない!」という工場の技術的問題で、理想とはかけはなれたデザインとなることもあったりします。

パーツにしても、「本当はあのパーツを使いたいけど、このフレームとは相性が悪そうだしコストもかかるからこっちのパーツで…」なんてこともしばしば。

つまり、理想と現実の間に妥協点を見つけてるというのが現実。
もちろん、コダワり抜いてるメーカーもあるけど、どうしたって価格は高くなるし、「一切の妥協無し!」と断言できるメーカーはまず無いと言えるでしょう。

そこにきて「一切の妥協無し‼」とHOPEが断言するのがこのバイク。
何せ・・・

・サスペンション
・タイヤ&チューブ
・スポーク
・サドル&シートポスト
・シフター&チェーン&ディレイラー
・クランク&チェーンリング&カセットスプロケット

上記以外のパーツは全て自社製。加えて、このバイク専用にパーツまで作ってしまう徹底ぶり。
クランク&チェーンリング、カセットスプロケットは自社でも作ってるけど、ディレイラー&シフターをSRAMから供給してもらうためには、クランクもカセットもセットになるという事で、今季からSRAM製を採用しています。

 
Frame
HOPEお得意の切削加工で、自社で『型』を製作。おかげで細部にまでコダワり抜いたデザインが可能。
また、近所にカーボンの扱いに長けた企業が点在しているということで(F1やら航空機やらを作ってるそうな…)、技術の供与を受けて自社でのカーボンの成型を実現しました。

自社工場内の専門セクションで、必要な箇所に必要となる強度・耐久性を考慮した編み方でカーボン繊維を重ねて、徹底した管理の元で焼成を行う。
「何を作ってるかもわからないまま、パートのオバちゃんが張り重ねた…」というカーボンフレームとは品質が違って当たり前です。

スイングアームはアルミの削り出し。
強度・耐久性を考慮しつつ、力の逃げも考慮しつつ、徹底的な軽量化にも配慮した削り出し部材の数々。固定ボルト&シャフト類も当然自社製。この機能美は見ていて飽きないですよ。
 
Suspension Unit
フロント&リアのサスペンションにはFOX製の物を採用。エアスプリングで微細な調整が可能なのに加えて、重量の軽さがこのバイクによく合ってるなという印象です。

減衰調整機構を有しているのは当然ですが、リアのユニットは「伸び/圧縮」のそれぞれの減衰を「高速/低速」で独立して調整可能なモデル。
フレームにしろパーツにしろ、安定感や路面の追従性の向上を狙ったデザインが光るバイクなので、サスペンションの緻密なセッティングが出来るのは嬉しい限りですね。
サスのセッティングだけでもしばらく遊べると思います。
 
Steering
完成車のプロデュースと平行して、HOPEの悲願であった自社製のハンドルバーを採用。もちろんカーボン製です。
ステムもヘッドパーツもグリップも自社製。コダワりが詰まってます。

ステムのボルトは全てチタン製に変更されているのが見逃せないですね。
 
Drive Train
駆動系パーツにはSRAMの【Eagle X01】を採用。もちろん12s仕様です。

ボトムブラケットはプレスフィットですが、既存の物ではなく、この【HB160】に合わせて新たにデザインしたモデルを採用しています。
 
Wheel
フロントハブがBoost110mmなのは当然として、注目するべきはリアハブ。なんと幅130mm、それでいてスルーアクスルシャフトは17mmという特性のハブを採用しています。

ハブの幅を狭くしたのは、スイングアームにとっての理想的な構造を追及したから。
駆動側=右側のスイングアームを外側にオフセットする事で、チェーンが動く十分なスペースを確保すると共に「オチョコ」の無い左右均等なホイールを組む事を可能としています。

右側をオフセット=左側のスイングアームはほぼ直線とする事で、ブレーキング時のフレームのヨレを予防。
また、ハブの幅を狭くすることでローターをフレームに近づけ、これまたブレーキング時のキャリパーや台座周辺のヨレを予防してリジッドなフィーリングと耐久性の向上を狙ったデザインです。

もちろん、ハブ内部のパーツは個々にスペアパーツとして用意されます。細かいパーツのひとつひとつも入手できるのはHOPEの魅力のひとつですからね。安心して長期間使って頂けますよ。
 
Brake
ブレーキには4ポットキャリパーの【TECH3 x E4】を標準装備。ローターはフローティングタイプの180mmの物が採用されています。
キャリパーの固定ボルトはチタン製の物を標準装備。細かい所まで妥協無し!という姿勢が見受けられます。
 
Seat
サドルは老舗SDGのチタンレールのモデルを採用。
シートポストは自社のカーボン製ではなく、使い勝手を考慮してドロッパータイプの物を採用しています。

「使える限り自社製品を使用する」という選択もあったはず。使い勝手を優先するのもまた、妥協の無い姿勢の現れと言えるでしょう。

     
フレーム: HOPE - HB160
フロントフォーク:

FOX - 36 Grip2

リアサスペンション: FOX - X2 Air
         
Steering
ハンドルバー: HOPE - カーボン 780mm | 35.0φ
ステム: HOPE - AM 35mm | 35.0φ
ヘッドパーツ: HOPE - インテグラルZS 1.5テーパー
グリップ: HOPE
     
Drive Train
クランク:

SRAM - Eagle X01

B.B.: HOPE - HB160 PF46

チェーンリング:

SRAM - X01

カセットスプロケット:

SRAM - Eagle X01  10-50T 12s

チェーン: SRAM - Eagle X01
ディレイラー: SRAM - Eagle X01
ペダル: HOPE - F20
     
Wheel
フロントハブ:

HOPE - Pro4 Boost

リアハブ: HOPE - Pro4 130mm
リム: HOPE - TECH35 W
タイヤ: MAXXIS - High Roller 27.5x24.0
     
Brake
ブレーキ本体:

HOPE - Tech 3 x E4

ディスクローター: HOPE - フローティング 180mm
   
Seat
サドル:

SDG - Duster [HB160 Edition]

シートポスト: FOX - Transfer
S:125mm / M.L.XL:150mm
       
完成車重量:

14.20Kg (L)

   
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。

S
M
L
XL
サイズ(トップチューブ芯 - B.B.芯):
397.5

416.2

438.6
469.3

トップチューブ :

570
590
615
647
シートチューブ:
405
440
475
510
ホイールベース:
1148
1169
1195.5
1228
ヘッドアングル:
65.5°
シートアングル:
74°
スタックオーバー:
601.5
606
615
619.7
(トップチューブ - 地面)
チェーンステー
435
B.B.高
340
(B.B.芯 - 地面)
B.B.ドロップ
-15
ヘッドチューブ長:
115
B.B.:
86mm PF46
リアエンド幅:
130mm
ブレーキ台座:
ポストマウント
単位:mm



 

  • ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・重量は実測値を表記しておりますが、タイヤやリム等の製品は個体差が大きい為、お届けする車両は重量が大きく異なる場合がございます。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。