トップ > TRIAL > 完成車 > 26inch > OZONYS - Curve26 v8
Brand Index > OZONYS > Bike > OZONYS - Curve26 v8
完成車 > Trial 26 > OZONYS - Curve26 v8

OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8
OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8
OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8
OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8
OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8 OZONYS - Curve26 v8
拡大画像

OZONYS - Curve26 v8

OZONYSの定番にしてフラッグシップモデル【Curve】。初代の登場から7年=このモデルで八代目。

ガチっと系のフレームからはじまり、軽めにアレンジしたりまた少し重量を増したり…と、その時々のライダーさんの要望を反映してフレームをアレンジしつつ、パーツスペックもその時々の最良の物を選択しつつ、変わらずプロデュースされるのはメーカーに「良いバイクを作ってる!」という自信があるからこそ、そしてライダーさん達から「ここ一発の勝負をあずけることが出来るバイク!」と評価されているからこそでしょう。
商品コード : oy11fCV26
価格 : 299,000円(税込)
L2-5
数量
 

299000

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
「軽量化するより、ライダーの入力を損なわないガッシリしたフレームの方が有利」と理解するライダーさんが増えてきたことに合わせてROXXERを作ったわけですが、「Curveもガッシリ感の強化を!」という事でフレームをアレンジ。Curveのアイデンティティである「しなやかさ」を残しつつ、特にリア周りのガッシリ感を強化したフレーム。
1.5テーパーのフロントフォークや2ピースクランク等、「ライダーの力をヨレによって失わない様に」という思想で作られたパーツ群はガッシリ系のフレームとの相性は抜群と言えるでしょう。

また、前作【v7】からの大きな変更点としてスプリング式のチェーンテンショナーを装備。
初代の【Curve26 - v1】には自社製のスプリング式テンショナーを装備していたけど、「軽量化重視!」というライダーさんの声を受けてスプリング式を廃止⇒マガタマ型に変更した過去がありました。
「絶対にスプリング式が良い!」という姿勢を崩さなかったCREWKERZのおかげで、スプリング式のテンショナーもずいぶん市民権を得たし、製品もよくなったしという事で復活。テンショナーの台座を兼ねるためにリアエンドを大型化した事もまた、フレームの剛性の向上に貢献している様です。

「しなやか系ハイエンドモデル」としては抜群の完成度を誇っていたモデルにガッシリ系テイストを加えて、パーツもこれまで以上にハイスペック。
どんな乗り味に仕上がってるか、気になって仕方ない一台です。

Commentary
「フレームが硬くなった!」とは言っても、ゴチゴチでは無いのが好印象。

「フレームを硬く!もっと硬く!」と求めるライダーさんやメーカーが急増している中でも、「しなやか系」の姿勢を崩さないのはゴチっと硬いだけのフレームには無いメリット…、例えば楽にバイクを動かせることや、「しなり&反発」を扱いやすいというメリットを重視しているから。
もちろん、ライダーさんの体重や乗り方によってベストなフレームは異なるけど、社長であり開発者であるブルノ―自身が世界のトップに上りつめるためにガッツリと乗ってきた経験、多くのライダーをサポートしてきた経験から、「こんなバイク&フレームが良い!」と考える理想形がしっかりとイメージ出来ているのでしょう。

B.B.位置を限界まで高くしないのも、ライディングについての深い理解があればこそ。
初〜中級者さんにも 扱いやすいジオメトリーだと思いますよ。

 
Frame
「スプリング式のチェーンテンショナーを使用したい!」という事で、これまで愛用してきたOZONYS特性のロックタイプのチェーンテンショナーを潔く廃止。
スプリング式のテンショナーに対応するため&ガッシリ感の強化を求めて、リアエンド部分はかなり大型の削り出しブロックになってます。「スルーアクスル」に見えるけど、内側には溝が切ってあって、従来の10mmシャフトのハブを使用する形状です。

また、B.B.とシートステーをつなぐ2本のパイプもデザインをアレンジ。
従来のフレームに比べるとシートステーの接合部分を後方にズラす事でパイプの長さと角度を変更。これまたガッシリ感の強化に一役かっている様です。

 
Front Fork
上は従来の44mm1-1/8インテグラルZS、下側は56mmと口径の大きい1.5インテグラルZSの、いわゆる「テーパー」のヘッドチューブ&フロントフォーク。 フロントフォークのコラム下部が太くなる事でフォークのガッシリ感を増しています。

また、特徴的なのはブレードの先端=ハブの固定部分。今までに無い厚さで確実にハブを固定=左右のブレードを確実に連結する事で、ライディング中のガッシリ感を向上させています。
 
Steering
ハンドルバーは前作と変わらず、自社ブランドBONZのライズ低めのモデルを採用です。ステムが長めなので、このハンドルでニュートラルなポジションになってます。

ステムは時代の流れを受けて従来の130mmのモデルから150mmに変更。身長175cm以下のライダーさんにはハンドル位置が遠すぎるので、ステム、またはハンドルバーの変更は必須と言えますね。
 
Drive Train
BONZ特製の2pcsクランクセット。
フレームをどれだけガッシリ作っても、どこかでライダーの力が失われていては100%の性能を発揮出来ない。ガッシリ系を求めるなら外せないパーツですね。
多くのメーカーが採用する30mmのアルミシャフトではなく、長い歴史と実績のある24mmシャフトを採用したのもOZONYS/BONZらしくて良いと思います。

フリーギアには新型のクランクセットに合わせたスプラインのモデル、135ノッチの高性能な物を標準装備しています。

 
Wheel
ハブとリムには超軽量ハブ&リム【POWER-H】シリーズの物を採用。パーツ単体で販売しているハブはブラックだけど、完成車にはレッドのモデルを組みこんでます。ブルーxレッドのカラーリングはちょっと間違えるとダサくなりがちだけど、サラっと見事にまとめてくるのは「さすがOZONYS、さすがフランス。」という印象です。

スポークにはバテッドではなく、#14プレーンの物を採用。ニップルにはアルミニップルを採用・・・と、細かい所までポイントを抑えたスペックです。
 
Brake
ブレーキにはMAGURAのHS-33を採用。とりあえず使ってもらうのに十分な制動力を発揮するし、各社から色んなコンセプトのマスターシリンダーがプロデュースされているのでカスタイマイズも容易です。

ブレーキシューはサンディングしてもしなくても安定した制動力を発揮するモデルを標準装備。 ブレーキクランプはMAGURAの物を採用しています。
ブレーキクランプを自社で作ることなんて造作もない事のはずですが、「コダワれない部分には手をつけない」というか、性能面で進化するポイントに集中して開発するというか、メーカーのはっきりした姿勢が感じられますね。
 
Guard
ガードリングには半周を保護するタイプのモデルを採用。
コンパクトに作りつつも厚みを持たせていたり、『右足前』と『左足前』でフリーギアを保護する箇所が変わる様にデザインされていたりと、小さなパーツながらもOZONYSのコダワりと発想力が詰まった逸品です。

     
フレーム: OZONYS - Curve v8
フロントフォーク: BONZ - Pro Light テーパー
     
Steering
ハンドルバー: BONZ - Pro Light
ステム: BONZ - Pro Light 175mmx35°
ヘッドパーツ: BONZ - Pro Light テーパー
グリップ: BONZ - スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク:

BONZ - Pro Light 2pcs 165mm

フリーギア: BONZ - Pro Light 18T/135ノッチ
固定ギア:

BONZ - スプライン 12T

チェーン: KMC - 610
チェーンテンショナー: BONZ - スプリング式
ペダル: BONZ - Pro Light ケージ
アンダーガード: BONZ - Pro Light
     
Wheel
フロントハブ:

BONZ - POWER-H ND /28H

リアハブ: BONZ - POWER-H ディスク 135mm/32H
リム: BONZ - POWER-H F:28H / R:32H
タイヤ: JITSIE - REVERZ
     
Brake

リムブレーキ:

MAGURA - HS33
       
完成車重量:

8.75Kg

   
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。


 

  • ☆製品により差異はありますが、OZONYSの製品の仕上げは良好とは言えません。表面の仕上げが荒かったり、グラフィックがずれていたり、傷が入っていたりという事が多々ございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・フレームは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・重量は実測値を表記しておりますが、タイヤやリム等の製品は個体差が大きい為、お届けする車両は重量が大きく異なる場合がございます。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。