トップ > TRIAL > 完成車 > 20inch > CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
Brand Index > CLEAN TRIALS 2.0 > Bike > CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
完成車 > Trial 20 > CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]

CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition] CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]
拡大画像

CLEAN - X2 [2017] 20in [WC edition]

「自身が本当に乗りたいと思えるバイクを作る!」という事で、現役チャンプが立ち上げたブランドCLEAN TRIALS 2.0。

2016年の世界チャンプを獲得した【X2】のフレームに若干のモディファイを加えて登場の【X2】2017モデル。後々カーボン製フレームの【K1】もプロデュースになるけど、どんなフレームが出てきたとしても「カチっと硬めでドカンと飛ぶ」このX2の魅力は薄れる事は無いでしょう。

本気で攻めたいライダーさんに絶対のオススメです。
商品コード : cl11f20X2WCd
価格 : 355,000円(税込)
数量
 

355000

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
メーカーから販売される完成車は前後ディスク仕様のみですが、「前:リム/後:ディスク」仕様もご用意出来ます。お気軽にお申し付け下さい。

----------------------------------------------------------

本機はカーボン製フロントフォーク&ハンドルバーを装備した【WC edition】(ワールドカップエディション)。「競技大会の中で、最後のセクションまで最高のパフォーマンスを発揮できる様に」「大きく飛んだ後に慣性で揺れることなくバシっと止まれる様に」「1mmでも高く&遠く跳べる様に」という事で軽量化を追及したモデルです。

AS30のクランクセットとスプリング式のチェーンテンショナー。パートナーであるCREWKERZのアイデアをたっぷりと取り込みつつ、アベル自身の趣向や解釈をしっかりと盛り込んで作ったバイク。
何をもって『良い』とするか?」はライダーさん次第だけど、多くのライダーさんにとって、そのメリットと戦闘力を確実にライディングに活かせる最高の一台であることは間違いないと思います。

コンペで勝ちたい。自身のライディングをもっと高めたい。そんなライダーさんにオススメの一台です。
 
Frame
GDRとしては2016年のMVBだった【X2】。
トップチューブの扁平具合の変更とダウンチューブのパイプの変更はあるものの、基本的な構造はそのままで継続です。 そりゃあ、「ひとつの完成系」と呼べるフレームなんで大きく変更する理由なんて無いですからね。

ダウンチューブに「ハイドロフォーミング」で成型されたパイプを採用したのは、開発&製造のパートナーであるCREWKERZから「こんなパイプあるけど使ってみる?」と提案されてのことでしょう。
 
Front Fork
この【Worldcup Edition】には、CLEANのカーボン製のフロントフォークを採用。
開発の段階からCREWKERZにお世話になってるので、ケブラーを編み込んだコラム部分や「完全なストレートではなくて、少し湾曲したブレード」のザインなど、色々とCREWKERZに習った部分はあるけど、ショルダー部分からブレード部分にかけての滑らかなデザインや△三角断面のブレードはCLEANのオリジナル。
ブレーキ台座もディスク&HS台座としているので、セッティングの幅が広いのも魅力だと思います。
 
Steering
【Worldcup Edition】には、カーボン製のハンドルバーを標準装備。徹底した軽量化を求めるならハンドルバーにカーボン製の物を使用するのは定石なので、「最初から究極スペックの一台を!」と求めるライダーさんには嬉しいスペックですね。

アベル本人やワークスライダー達はクランプ部分がリングタイプになったステムを使ってるけど、この車両には通常のオープンクランプのモデルを採用。
「リングタイプだと、ハンドルバーやステムを交換するのにブレーキ&グリップを外さなければいけない=けっこう面倒」。
スペアのハンドルバーにブレーキもステムのリングも取り付けた状態で持ってれば、リングタイプのステムでも全く問題ないんですけどね。一般のライダーさんにとってはそこまで準備するのは大変…ということで、ユーザビリティを優先したパーツスペックです。
 
Drive Train
クランクにはCREWKERZに習い【AS30】規格の物を採用。
B.B.は従来のネジ込みではなく、ベアリングのワンをフレームに圧入するプレスフィット方式。ここに30mmのアルミ製シャフトを通して、左右のクランクアームを接続します。通常、このタイプのクランクアームは右側のアームとB.B.シャフトがくっついた2ピース構造となる事が多いけど、CLEANはあえて左右のクランクが取り外せる3ピース構造としているのも印象的ですね。

B.B.シャフトがねじれない事でライダーの力を逃がさず、強度・耐久性も向上。ベアリングを大型化する事でこちらも強度・耐久性を向上。BSA(ネジ込)のB.B.の様に緩む⇒締めるのメンテナンスも無用。MTBの世界では採用するメーカーが多いのもうなずける、メリットの多いデザインです。

チェーンテンショナーにはCREWEKERZと同じ、フレームに直接テンショナーを取り付ける方式を採用。障害物にぶつけにくいし、チェーンの張り具合の調整も簡単。 チェーンが緩まないので、ペダリングのロスも無し。 これまた、使わない理由がない、極めて有効なパーツです。

 
Wheel
ハブには自社製の軽量なモデルを採用。リムは断面が「Hの字」型の軽量なモデルが組みこまれています。スポークは#15でニップルも当然アルミ製、 「性能のためなら重量増も止む無し」という姿勢のCLEANですが、可能な限りの軽量化を考慮したパーツスペック。
「さすがは軽量マニア」といった印象です。

タイヤはOBRのGEKOKを採用。これはもう、完全にアベルの好みだと思われます。
「タイヤは乗ってれば消耗するし、交換を兼ねて他のタイヤを試すのはライダーさんにとっては負担にならないだろう…」という判断でしょう。
じっくり乗りこみつつ、他のタイヤも試しつつ、ご自身&このバイクにふさわしいタイヤを探してもらえればと思います。
 
Brake
ブレーキにはHOPE TRIALZONEを採用。アベル自身もHOPEをずっと愛用していますからね、 制動力と信頼性を考えるとやっぱりHOPEなのでしょう。
この【Woldcup Edition】には、ディスクロータープロテクターも標準装備。徹底したコンペ志向で仕上げてます。

特徴的なのはリアブレーキの台座。 チェーンステーとシートステーの間にディスクキャリパーを固定するトライアルとしては珍しいデザイン/MTBでは定番化しつつあるデザインを採用しています。
画期的…と言う様なものではなく、アイデア自体は10年以上前の物。ディスクブレーキの負荷を程よく分散する⇒フレームの耐久性が上がるという事で好まれたデザインです。アルミの材質自体が良くなって耐久性が上がった事や、そもそもこのデザインはコストがかかるので採用するメーカーはなくなったけど、CLEANはあえてこのデザインを採用。
耐久性の向上はもちろんですが、何よりダニエル状態でのフレームのガッシリ感が格段に向上すると予想されます。 長らくアベルのバイクをイジってきた父ちゃんの経験からのアイデアでしょう。



     
フレーム: CLEAN - X2 20 [2017]
フロントフォーク: CLEAN - カーボン
     
Steering
ハンドルバー: CLEAN - カーボン 107
ステム: CLEAN - 145mm x 25°
ヘッドパーツ: CLEAN - テーパー インテグラルZS
グリップ: CLEAN - スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク: CLEAN - AS30クランクセット 160mm
フリーギア:

CLEAN - スプライン 18T 135ノッチ

固定ギア:

CLEAN - 12T

チェーン: KMC
チェーンテンショナー: CLEAN - スプリング式
ペダル: CLEAN
アンダーガード: CLEAN
     
Wheel
フロントハブ: CLEAN - v2 ディスク
リアハブ: CLEAN - v2 ディスク
リム: CLEAN - シングルウォール F:28H/R:32H
タイヤ: MONTY - Eagleclaw Pro Race v2
     
Brake - Disk
ブレーキ本体: HOPE - TrialZone
ローター: CLEAN F:160mm/R:162mm
     
完成車重量: 7.60Kg
     
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。



 

  • ☆フレームは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。