トップ > TRIAL > フレーム > 20inch > NEON - BOW20
Brand Index > NEON > Frame > NEON - BOW20
フレーム > Trial 20 > NEON - BOW20

NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20
NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20
NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20 NEON - BOW20
拡大画像

NEON - BOW20

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------

商品コード : no12fBW20
価格 : 63,000円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Color

選択
Black
Silver

63000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
湾曲したトップ&ダウンチューブが印象的な【NEON-BOW】。長らくは前作のデザインを継続していましたが、2017年にアレンジを加えて登場です。

前作BOWの一番の魅力であった『しなやかさ』をもたらすパイプワークはそのままですが、トップ&ダウンチューブをやや太目のパイプに変更。ROCKMAN等のメーカーが愛用するシートチューブ後方のガセットプレートを追加するなど、「しなやかさに加えて、ペダリングに対するレスポンスも追及しないとね」というメーカーの意図というか、新たな方向性を感じます。
細かい所では、各部のガセット(補強プレート)の溶接方法をアレンジしたり、ヘッドパーツを従来のアヘッドからインテグラルZSに変更したりと、より良い物を作ろうという意思があちこちに見受けられます。

色々とコダワった末に価格もそれなりに高額になってるけど、それもこれもメーカーがコダワりのフレームをカタチにした結果。それだけ良い物が出来たというメーカーの自負が感じられますね。
Commentary
かれこれ10年以上続く【BOW】の基本デザインはそのままに、あちこちアレンジを加えて2017年に登場のこちらのモデル。
各部のパイプを太めに&厚めにアレンジしている様で、前作に比べるとけっこうな重量増。「前作のしなやかさ」は少し失われてしまったかもしれないけど、トップライダーの求めるカチっと感は増していると予想されます。
 
パイプワーク
基本的な造形は前作までのBOWのデザインを踏襲していますが、トップ&ダウンチューブはやや太めのパイプにアレンジしたり、曲げ具合も見直した様子。シートチューブの後方には、シートチューブとシートステー、チェーンステーを接続するガセットプレートを追加する等、これまでとはちょっと違った乗り味を求めているのがわかります。
 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブの穴開け加工は継続して採用ですが、デザインを一新して一段と大きめの穴をあけてます。 ヘッドチューブのパイプ自体も外径が大胆に変化するパイプを使用する事で、可能な限りの軽量化に腐心しているのがわかります。
ヘッドパーツは前作のアヘッドから『インテグラルZS』に変更、フレームにはカートリッジベアリングのヘッドパーツが付属します。
 
B.B.
B.B.はオーソドックスなBSA(ネジ込式)を採用。B.B.後方はシンプルにチェーンステーのパイプを接続するデザインですが、B.B.後方には以前アンダーガードの台座を担っていたプレートを残すなど、強度・耐久性にも配慮が見られます。
 
ブレーキ台座
ディスクブレーキ台座は前作からデザインを一新。
リアエンドプレートと一体で削り出された部材は、たっぷりと厚みを確保しつつ、シートステーとの確実な接合を可能にしつつ、また前方に伸びたガセットプレート部分でしっかりとシートステーとチェーンステーを接続する事を考慮したデザイン。これは見事、秀逸なデザインだと思います。

 
リアエンド
リアエンドの部材も前作のデザインを踏襲していますが、チェーンステーのウケは通常のボルトやイモネジではなく、アルミ削り出しでリアエンドの部材と一体となったデザインを採用しています。

 
アンダーガード
KOXX/HASHTAGGと共通の4ボルト固定タイプのアンダーガードを採用。
アンダーガードの台座と、アンダーガードの中央部分を支えるブリッジ部分が一体となった部材は独特。負荷のかかりやすい後方はガッシリと作りつつ、可能な限りの軽量化を考慮したデザインと見受けられます。

     
ホイールベース: 1,015mm
チェーンステー: 350mm (+12mm/-0mm)
B.B.ハイト: +70mm
ヘッドアングル: --°
マニューバスペース: 616mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 130mm
  

1-1/8 インテグラルZS(ZS44) 

ヘッドパーツ付属
    
B.B.:

BSA シェル幅68mm

   
 アンダーガード:

Type K 対応

   アンダーガード付属 
     
リアエンド: 116mm / トラックエンド
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

リア用キャリパーを使用して160mmローターに対応
     
重 量:

1,716g (アンダーガード含む)

   


 

  • ☆製品により差異はありますが、NEONの製品の仕上げは良好とは言えません。
    塗装やアルマイトの不均一や傷、切削加工のバリ等がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ☆各部のパイプは比較的頑丈な物を使用していますが、それでも強くぶつければヘコむでしょうし、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、プラスチック/カーボンなどで保護する事をオススメします。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。