トップ > TRIAL > フレーム > 20inch > [40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali
Brand Index > ROCKMAN > Frame > [40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali
フレーム > Trial 20 > [40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali
アウトレット > フレーム > Trial20 > [40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali
TRIAL > フレーム > 確実な上達をサポート > [40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali

[40%OFF! ]ROCKMAN - 20in Akali

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------
商品コード : zzz12
希望小売価格 : 72,000
価格 : 43,200円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Color

選択
Green

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
ロングホイールベースモデルのフレーム『Akali』。
前半分を長くしたと思いきや…、何とリア周りを20mm長く設定したモデルです。
アップBBならではの、前輪の持ち上がるピーキーさを抑えるには有効な手法で、その効果は確実に体感できます。

身体能力に優れたライダーさんなら、いきなり本格的な20inに乗ってもホイホイ上達できるかもしれないけど、じっくり上達を考えるライダーさんにとっては現代の20inはピーキーすぎ。
ZOO!20 / OZONYS Skill20 とならんで、初〜中級者さんには本気でオススメの20inフレームです。

軽い=耐久性に欠ける…というのは避けようのない事実では有るけれど、ROCKMANが採用しているU6材はかなり強度&耐久性に優れていると言えます。
ライダーさんの体重や、どれだけフレームに負担をかけるか?で寿命は大きく変わってくるけれど、重量と強度&耐久性のバランスを考えると、非常によく出来ていると思ってます。

Commentary
ROCKMAN20inの第一号であった【AUREM】が廃盤となり、変わって登場のロングホイールベースモデル【Akali】です。
AUREM同様1035mmと長めのホイールベースを採用していますが、一般的なロングホイールベースは前周りを長く設定するのに対して、このAkaliはリア周りが長いデザイン。
ほとんどの20inがリアが短い&B.B.が高いジオメトリーを採用しているおかげでピーキーな乗り味である中にあって、このフレームのマイルドさはとても貴重です。

B.B.位置は十分に高めなので、取り回しの軽さは一連の20inと比べて遜色なし。リア周りが長い分、ダニエル状態での安定感は20inの中ではダントツに高いと言えます。(竹馬で考えたら、ペダルの位置が高い方が安定するのはわかりますよね)
 
パイプワーク
各部のパイプや部材はショートモデルの【MANUS】共通。
しなやかさを持ちつつ、耐久性は高め、それでいて重量も軽めという嘘みたいなフレームです。硬さを求めるライダーさんならちょっと使いにくいと思うけど、フレームのしなりを活用したい&柔らかすぎるのは嫌!というライダーさんにとって非常に扱い易いフレームだと思います。
 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブ前面の穴あけ加工はもちろん、ヘッドチューブ内部のトップチューブ&ダウンチューブとの接合部分にも大きく穴をあける事で軽量化を追及しています。
多くのメーカーが採用してる技法だけど、元々はROCKMANが始めたアイデアです。
 
B.B.
B.B.周辺はROCKMANらしいシンプルな造形で、「アンダーガードの台座はあるけど、B.B.下のアンダーガード用のブリッジは無し」のデザイン。アンダーガードを取り付けるなら専用のゴムを取り付けて使用して下さい。
 
ブレーキ台座
リムブレーキ台座のモデルは、ビルトインブースター一体型の台座が溶接されてます。
裏からゴッソリくりぬいて重量減を考慮しつつ、要所にはしっかりと厚みを持たせたデザイン。リア廻り全体のガッシリ感にも貢献してくれるので、ディスク台座のモデルに比べて一段とリジッドなフィーリングを得られるでしょう。
 
リアエンド
リアエンドプレートはROCKMANの定番であるコンパクトなデザイン。
軽量化の目的もありますが、幅広のゴチっとしたデザインにしないのも「しなやかさ」のため。派手さはないけど、フレーム全体に一貫したコンセプトを感じますね。相変わらず良い仕事してると思います。
 

      
ホイールベース: 1,035mm
チェーンステー: 375mm (+5mm/-5mm)
B.B.ハイト: +85mm
ヘッドアングル: 71.5°
マニューバスペース: 591mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
  
ヘッドチューブ: 110mm
1-1/8 アヘッド
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

   
 アンダーガード:

Type E 対応

  
リアエンド: 116mm / トラックエンド
     
リムブレーキ台座(HS): 取り付けボルト幅:100mm
  
重 量:

1,380g

  


 


  • ☆トップチューブ&ダウンチューブは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック/カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。