トップ > TRIAL > フレーム > 20inch > [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
Brand Index > OZONYS > Frame > [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
フレーム > Trial 20 > [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
アウトレット > フレーム > Trial20 > [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2

[ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
[ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
[ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2 [ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2
拡大画像

[ 15%OFF! ]OZONYS - ROXXOR 20 v2

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------

商品コード : oy12e2011
希望小売価格 : 98,000
価格 : 83,300円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size

選択
1005mm

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
もう一台のハイエンドバイク。

2015年から登場のCruveとは違ったテイストのハイエンドモデル【ROXXOR】、モデルチェンジして登場です。 同時に登場の【Curve v7】は旧モデル【v6】からの変更点はほとんどないけど、こちらのROXXORは大幅な変更を受けて登場です。

1.5テーパーのヘッドパーツに対応となったのはもちろんですが、トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブを変更、シートセクションのパイプワークも大幅に変更されています。200g近い重量増を考えれば、リア周りのパイプも厚めの物に変更されていると考えられますね。

「ガッシリ感」を求めてのアレンジである事は容易に想像出来ます。
初代ROXXORもCurveに比べればシャキっとしてたけど、それでも反発具合はマイルドな印象。GDRのカルロスが「オレ的MVB!個人的に乗るならこれが良い?」と評していたので、彼の体重(60Kg前半)でオイシイ反発が使えるという事はヨーロッパのライダーさんににしてみれば柔らかめの設定。「Curveと比べて大きな違いが無い」と感じるライダーさんも少なく無かったのでしょう。

Curveとの2極化というか、「ガッシリ系を求めるライダーさんにベストなフレームを作る」というコンセプトが手に取っただけでわかるフレームです。

まだまだ『軽量至上主義』のライダーさんが多い中で、これだけの重量増を平気でやってのけるOZONYS。「我々の考えるベストなフレームはこんなのだ!」という自信がなければ絶対に出来ないことだと思います。
開発力って、こういうことだと思います。

Commentary
「Curveみたいな特殊な形状も良いけどな。奇抜なデザインよりシンプルな方が良いっていうライダーもたくさんいるから、普通の形にしたんだ」と、OZONYSのボスであるアーノルド・ブルノーが話していたROXXER。
モデルチェンジしてもあいかわらずのスタンダードな形状だし、グラフィックも大きく変わってないけど…。フレームとしては全くの別物となって登場です。

 
パイプワーク
パイプの形状を見直しつつ、全体を厚めに物に変更。また、各部の作りこみ方にも工夫が見られます。
シートセクションは、トップチューブの蓋を兼ねたプレートを延長して左右のシートステーにも溶接。2本のシートステーとトップチューブの溶接箇所が少し下方向にずらしてあったりと、細かい所にただならぬコダワりを感じるフレームです。

最近の【Curve】はやんわりとした印象ですが、初代Curveの頃はガチっと硬めでした。硬めのフレーム造りのノウハウに加えて、ガチっと硬め⇒レスポンスに着目⇒しなりの追及…と着眼点を変えつつCurveの開発を続ける中で得られたノウハウ。これらを合わせて作られたフレーム、良い仕上がりなのは当然でしょう。
もちろん、硬けりゃ良いってもんでもないので、ライダーさんのスタイルに合わせてじっくり選んでほしいです。
 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブは流行に合わせて『1.5テーパー』を採用。
下側の径が大きいデザインに対応しつつ、必要な強度・耐久性を考慮しつつ、可能な限り軽量化しつつ、そしてデザインにもコダワる。良い仕事してます。
B.B.
B.B.パイプとシートステーの連結は相変わらずシンプルに。それでも、左右のシートステーとB.B.をつなぐ△三角の駆動力のかかる右側にはちゃっかりとガセットが溶接されています。
アンダーガードはOZONOSY独自規格の4ボルト固定タイプ。CLEANやROCKMANも同じ規格を採用している事実が、このデザインが秀逸である事を証明しています。
 
ブレーキ台座
シートステーの曲げ具合の変更にあわせて、ポストマウントのディスクブレーキ台座も少しアレンジを加えられた様子。
湾曲したデザインでべったりとシートステーに溶接するアイデアはもちろんそのまま継承しています。

裏側から見ると、かなり厚め&前後に長めのプレートである事がよくわかりますね。台座の前方にはガセットプレートを追加して、ディスクブレーキの大きな負荷を効率よくフレームに分散出来る様に配慮されています。
 
リアエンド
チェーンテンショナーはもちろんこのタイプ。
2つのパーツでフレームを挟みこんで固定する、OZONYSのアイデンティティとも言えるデザインです。チェーンはほとんど緩まないし、整備性も良好です。


      
ホイールベース: 1,005mm
チェーンステー: 350mm (+10mm/54mm)
B.B.ハイト: +88mm
ヘッドアングル: 72°
マニューバスペース: 593mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 125mm
1.5テーパー  インテグラルZS
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

  
 アンダーガード:

Type O 対応

   
リアエンド: 116mm / トラックエンド
BONZ チェーンテンショナー付属
   
ディスクブレーキ台座:

ポストマウント

160mmローターに対応
  
重 量:

1,592g

   


 


  • ☆製品により差異はありますが、OZONYSの製品の仕上げは良好とは言えません。表面の仕上げが荒かったり、グラフィックがずれていたり、傷が入っていたりという事が多々ございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・トライアル用のフレームを構成するパイプは薄めになっています。強くぶつければ変形する事があり、凹みはクラック(割れ)の原因になります。
    トライアル走行の中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、厚めのゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦め致します。