トップ > TRIAL > 完成車 > 24inch > Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
Brand Index > Full Marks > Bike > Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
完成車 > Trial 24 > Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
完成車 > Street 24 > Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
TRIAL > 完成車 > 初心者さんにオススメ♪ > Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]

Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk] Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]
拡大画像

Full Marks - 24in KLONDIKE [Disk]

24inの「はじめの一台」シリーズ【KLONDIKE】のディスクブレーキ仕様。
フレームはブレーキ台座とカラーが異なるだけでVブレーキ仕様の物と全く同じですが、パーツスペックがあちこち異なります。
商品コード : fm11f24b
価格 : 99,000円(税込)
L3-5
数量
 

99000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
前後にディスクブレーキを採用。
ディスクブレーキ化の重量増を緩和する為にフロントハブをコンパクトなモデルにしたり、リムに穴をあけて軽量化。「ここまで価格が上がったら、もうついでにフリーギアを上等なヤツに替えとこう」という事でフリーギアを60ノッチの物に変更しています。まぁ、それでも機械式ディスクのキャリパーが重たいおかげで、結局Vブレーキ仕様のモデルより重くなってますが、このバイクの前に重量の話は無しでお願いしたいですね。

ハンドルポジションだけしっかりと合わせるのが前提ですが、先鋭的なトラ車とこのバイクと、どちらの方がスタンディングが安定するか?また、初心〜初級者さんが60cmくらいまでの段差に上る事を考えたらどちらが上りやすいか?実際に比べてもらえばわかりますが、明確な差が出ます。
そういうバイクを作ったつもりで、実際に狙った通りのバイクが出来たと思ってます。

しっかりと基本が身に着いて、トライアルで「もっと跳べる様に!」「もっとシビアなライディングが出来る様に?」と求めるなら、先鋭的なトラ車の方が良いに決まってます。
ストリートでも同様に、色んなテクニックを実践できるライダーさんが乗るなら、ホイールベース1000mm程度&ヘッド角が立った本格的なバイクに比べると、このバイクは全ての動きでシャープさに欠けるのは事実です。
でも、そういった本格的なバイクに乗って真価を発揮するための基礎的な技術を磨くなら、このバイクの方が優れていると断言出来ます。
「レースをやりたい!」という子供にいきなりF1は乗らせないし、「ゴルフを始めたい!」という人にいきなりカーボンシャフトのドライバーは持たせないでしょ?何事にも確かなステップと、その段階に応じたベストな機材がある。ということで、トライアルの世界では数少ない「はじめの一歩」の為のバイクを本気で作りました。

Vブレーキのモデルか、このモデルか?はスペックやカラーのお好みで選んでもらえればと思います。 20/24inはフィーリングでどうぞ。24inの方が安定するので断然オススメなのは確かだけど、「あえてピーキーな乗り物で挑戦したい!」とか、「BMXっぽいから20inが好み」というライダーさんには無理に24inは薦めません。

お気に入りの靴で出かけるだけで気分が違うもの。バイクも同じだと思うので、毎日毎回、乗るたびにテンションが上がる様に。見た目の好みも含めてフィーリングで選んでもらえればと思います。
 


Frame
“しなり”だとか“硬さ”だとか、フレームの特性を決める要素はいくつかあるけど、結局基本になってるのは『ジオメトリー=各所の長さと角度』です。

上級者さんの好みで作った物はどうしてもクセがあるし、何より「扱う為には基本をしっかりとマスターしているのが前提」であるのは自転車に限った事ではありません。
初心者さんが乗って楽しめる事。上達の助けになる事。これらを最優先に、ジオメトリーからスペックまで、考えぬいてコダワって作ったのがこのバイクです。

「自転車らしさ」を持たせるためにサドルを着けたのもありますが、「フレームに高さを持たせたかった」⇒「高さのあるフレームはサドルが無いと変」という理由もあります。
一連のトラ車の様にフレームをペッタンコにしなかったのもまた、初級者⇒中級者の道のりの近道であると考えてのこと。GDR15年間のノウハウ、全部突っ込みました。
 
Front Fork
フロントフォークはVブレーキ仕様と同じくCr-mo製の物。安価ながらも強度・耐久性の面では安心できるし、初心者さんがのるこのバイクには重ためのフォークの方が適正と考えてこのフォークを採用しました。マニュアルやバニーホップといったストリート系のテクニックをこれから練習する段階なら、フロント周りが重い方が上達が格段に早いというのも経験則です。

その他、フレームのヘッド角は寝かせて、フォークのオフセットは立たせて…と細かい所で色々画策してます。
 
Steering
ハンドルバーにはCr-moスチール製の物を採用。安価なアルミ製のハンドルバーは曲がったり折れたりというトラブルが怖いので強度・耐久性を優先。
曲げ角度は中間的で、前に倒せばトライアル/ちょっと後ろに引けばストリート…という「ええとこ取り」を狙ったデザインにしました。

ステムはかなり短めで、角度も控えめのデザイン。フレームとハンドルに合わせて選んだサイズなので、まずはこのステムでじっくり乗ってもらえればと思います。
前傾しない&ハンドルが遠すぎない、程よいポジションに設定してあります。
 
Drive Train
クランク&B.B.にはIsisの物を採用して強度・耐久性をアップ。重量級のライダーさんやハードに攻めたいライダーさんも安心です♪
フリーギアには60ノッチの物。必要最低限に引っかかるし、強度・耐久性が高いモデルなのでこれまた長期間使ってもらえます。

ペダルは…妥協と言うか、「とりあず」と言うか…。「『好み』が定まって無ければとりあえずこれを使っておいて下さい」というモデル。体とバイクをつなぐグリップとペダルは好みが大きく分かれるので、色々試してお好みの物を探してもらいたいと思います。
 
Wheel
前後のハブにはカートリッジベアリング式の物を採用。多くのメーカーが採用しているハブです。それなりに高価だし、おかげで完成車の価格も高くなるけど…。ナット止めに比べて格段に軽いし、補修パーツも手に入るし、安心して長く使ってもらえるのは良いかな?と思って採用しました。
リ ムは前後共Vブレーキのモデルと同じ物ですが、穴あけ加工を施して軽量化しています。

タイヤはKENDAの【K-RAD】。トライアル用のバイクだけど、ストリートで乗る事も考えてるし、何より多くのライダーさんにとってはオンロードで乗る事が圧倒的に多いと思うのであえてスリックを採用。
 
Brake
ブレーキレバーにはTEK-TROのMT2.1を採用。高価なモデルではないけれど、レバー比の変更が出来るので「ブレーキはとにかく強力に!」と求めるライダーさんにも満足してもらえる制動力を発揮します。 レバーブレードも手になじむ形状で使い心地良好。

ブレーキにはTEK-TRO製のメカニカルディスクを採用。元トライアルのトップライダーにして、ストリートxトライアルの草分け的存在のライダーが開発に参加しただけあって制動力は強烈。
純正の160mmローターでも十分以上だけど、180mmに変更してやれば一段と強烈な制動力と繊細なコントロール性が得られます。
 
Guard
しっかりと厚みを残しつつ、クランクとフリーギアで挟みこむ部分は薄く仕上げたガードリングを採用。高価な物では無いけど、細かい仕事で良い製品に仕上がってます。
 
Seat
サドルは飾りです。座って走行する事を考えるなら、用途に見合った使い心地の良い物に交換してやって下さい。まぁ、このサドル位置では座ってぺだリングは至難の技ですが…。

「長めのシートポストで快適に移動&練習する時はサドルを外して邪魔にならない様に」なんて使い方もできる様に、シートクランプはトップチューブに内蔵のデザインになってます。


     
フレーム: Full Marks - KLONDIKE Disk
フロントフォーク: Full Marks Cr-mo
     
Steering
ハンドルバー: Full Marks Cr-mo
ステム:

Full Marks 90mm x 25°

ヘッドパーツ: Full Marks アヘッド
グリップ: Full Marks
     
Drive Train
クランク: Full Marks 165mm Isis
B.B.: Isis 68mmx128mm
フリーギア:

Tensille 18T/60ノッチ

固定ギア:

Full Marks 14T

チェーン: Full Marks
チェーンテンショナー: ロリポップ型
ペダル:

Full Marks ケージ

ガードリング: Full Marks
     
Wheel
フロントハブ:

Full Marks ディスク / シールドカートリッジ

リアハブ: Full Marks ディスク 135mm / シールドカートリッジ
リム: Full Marks
タイヤ: KENDA - K-RAD 24x2.3
     
Brake
ブレーキレバー: TEK-TRO - MT2.1
ブレーキ本体: TEK-TRO - Aquila メカニカルディスク
ディスクローター: 180mm
完成車重量:

11.40Kg

  
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。

      
ホイールベース:

1,030mm

チェーンステー: 370mm (+15mm/-10mm)
B.B.ハイト: +35mm
ヘッドアングル: 73°
マニューバスペース: 650mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 120mm
1-1/8 アヘッド
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

  
リアエンド: 135mm / トラックエンド
   
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

リア用キャリパーで160mmローターに対応
   
重 量:

1,815g

   
ブレーキ台座:

肩下 370mm / オフセット 35mm


 
  • サドルがついてるおかげでストxトラ車に見えますが、どちらかと言うまでもなく「トライアル車」として作ってます。
    ただし、目指したのは近代的な戦闘機ではなく、「ストリートのテクニックまで楽しめるトライアル車」。
    本格的なトライアルを目指すライダーさんの最初の一台としてはこれ以上無いオススメのバイクだし、ストxトラ派のライダーさんにもオススメ。トライアルのテクニックあってこその「ストxトラ」なので。
    ハンドルポジションをイジってやればストリートのテクニックも快適ですよ。

  • ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・製品の仕様は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。
    ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、この車両の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。
    ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。