トップ > STREET > フレーム > 24inch > C-Zar - 24 Street Trial [2016]
Brand Index > C-zar > Frame > C-Zar - 24 Street Trial [2016]
フレーム > Street 24 > C-Zar - 24 Street Trial [2016]
アウトレット > フレーム > Street > C-Zar - 24 Street Trial [2016]

C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016]
C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016]
C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016] C-Zar - 24 Street Trial [2016]
拡大画像

C-Zar - 24 Street Trial [2016]

--------------------------------------------------------------------
フレームをご購入の場合は、合わせて下処理(フェイシング加工等)をご依頼ください。
--------------------------------------------------------------------
商品コード : zzz12
希望小売価格 : 58,000
価格 : 53,000円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Color

選択
Black

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく

10年ぶりにECHOに復帰した『元祖ストリートぶっ飛びライダー』=ノルウェーのTRAからのリクエストを受けてフレームをアレンジ。ホイールベースを更に短く…。フロント周りを10mm、そしてリア周りも10mm短くする事で、よりコンパクトなジオメトリーになりました。

----------------------------------------------------------

TRAは『リアルストリート』、つまりBMXライクな乗り方はしないけど、トライアルのテクニックを使ってバイクを振り回して遊ぶのにはホイールベース短め&B,B,低めのフレームが良いという所に行きついた様です。

それでも、「基本的にはトライアル!」というTRAの趣向に合わせて、フレームを大幅に軽量化。この軽さはトライアルのテクニックには大きく影響するので「ストxトラだけど、基本はトライアル!」というライダーさんには見過ごせない魅力だと思います。


スタイルに合わせて、走るシーンに合わせて、最適なストxトラのフレームを選ぶ時。是非候補に入れてほしいフレームです。

Commentary
更にホイールベースが短くなって登場の【C-zar】。
一段と軽い取り回しになってるのは間違い無いのに加えて大幅な軽量化…。乗り味がどれだけ軽くなってるのか?かなり気になります。
どうしてもInspiredの後追い感が否めなかったECHO社の『ストxトラ』ブランドC-zarですが、TRAの復帰に合わせて独自路線を一歩踏み出した感がありますね。

レッドとグレーのモデルは、トップチューブにTRA(=Thomas Remvik Aasenトーマス・レンビック・オーサン)のサインを彫り込んでます。
基本的に26inばっかり乗ってきたライダーだけど、ECHOの復帰に合わせてECHO 24に乗ったのをキッカケに本格的に24inが気に入った様ですね。
動画を見ればわかりますが、相変わらずのブッ飛びっぷり…。彼の登場以降多くのフォロワーが出てきたけど、やっぱりブッ飛び度は群を抜いてると思います。
 
パイプワーク
相変わらずのシンプルな造形。旧モデルのブラック&パープルに他3色が加わっただけ・・・という印象ですが、細かい所でちょこちょことアレンジが加えられてます。
B.B.後方はプレートのデザインから削り出しのヨークに変更。TRAのハードコアな乗り方に対応するためのアレンジと言えるでしょう。

ホイールベースも短くアレンジ。取り回しと乗り味の軽さは素敵だけど、マニューバスペース=体を動かすスペースが狭くなってるのも確か。
トライアルの基本を練習する段階であれば、ちょっと窮屈なので、長めのステムを着けて広めのポジションで乗ることでかなり扱いやすくなると思います。

 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブは旧モデルと同様、そしてECHOのトライアルモデルと同様、ベアリングを直接フレームに取り付ける『インテグラルIS』を採用。
フレームを溶接して、アルマイトで着色した後にベアリングの取り付け部分を加工…。手間暇を惜しまないからこそ、加工精度に自信があればこその仕様です
 
B.B.
ボトムブラケットはECHOの定番であるスパニッシュタイプ。フレームにはCr-moシャフトのB.B.が付属します。

B.B.スペーサーはECHOの新規格である「スプライン式のフロントフリークランク」用の物が標準装備されていますが、このスペーサーをひっくり返して使えば通常の「ネジ込みのクランク&フリーギア」も問題無く使用可能です
 
ブレーキ台座
「どこまでストリートを追及しても、トライアルテイストは忘れない」という事で、リアブレーキにはリムブレーキ台座とディスクブレーキ台座の両方を用意してくれています。
ストリートで乗るならディスクブレーキのコントローラブルな感覚は確かに使い勝手が良いけど、トライアルのテクニックを追及するならリムブレーキには捨てがたい魅力があります。

何ならひとつのホイールで「普段はディスクブレーキ」「がっつりトライアルする時はリムブレーキ」と、ブレーキのみを付け替えて違ったフィーリングを楽しむのも良いと思います。

ディスクブレーキ台座はECHOの定番であるインターナショナルスタンダードを継続して採用。
ぶ厚いプレートでハードなブレーキングの力を確実に受け止め、周囲に配したガセットプレートで負荷を広範囲に分散させる事で強度・耐久性を確保するデザインです。

 
リアエンド
リアエンドプレートにはイモネジを仕込んで、このイモネジでもってリアハブのシャフトの位置を調整する事でチェーンのテンションを調整するECHOお得意のデザイン。
チェーンテンショナーが不要になるのもメリットだし、細かい調整が可能なので整備性も上々です。

470mmフロントフォーク使用時
     
ホイールベース: 1,050mm
チェーンステー: 390mm (-2mm/+6mm)
B.B.ハイト: -15mm
ヘッドアングル: 73°
マニューバスペース: 698mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
トップチューブ長: 555mm
フレームサイズ: 200mm
ヘッドチューブ: 110mm
   1-1/8 アヘッド
    
B.B.:

スパニッシュ / B.B.付属

   
リアエンド: 135mm / トラックエンド
チェーンテンショナー内蔵
シートポスト径: 27.2mm
     
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

160mmローターに対応
     
重 量:

2,185g (B.B.含む)

1,920g (フレームのみ)

   


 


  • ☆製品により差異はありますが、ECHOの製品の仕上げは良好とは言えません。  金属加工の面では優秀なのですが、アルマイトが不均一であったり加工跡が残っている場合がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。