トップ > TRIAL > 完成車 > 20inch > [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO
Brand Index > ECHO > Bike > [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO
完成車 > Trial 20 > [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO

[20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO
[20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO
[20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO [20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO
拡大画像

[20% OFF! ] ECHO - 20 Mark Ti PRO

コンペ志向は【G U】、ストリートユースには【ZOO!】、スタンダードなポジションとして【ECHO】、という色分けでブランド展開を行っているECHO社ですが、「新しいコンセプトを持ち込むのはECHO」というのも決まっている様です。


新たなフレームデザインやカーボン製のフロントフォーク等、新たに開発したパーツを含んだ『ECHO史上最高のパーツ』を装備して登場の【ECHO Ti PRO】。「コンペからファンライドまで対応のお手頃価格バイク!」というECHOのイメージを吹き飛ばすハイスペックの完成車。このスペックでこの価格、コストパフォーマンスの高さもECHOならではですね。

商品コード : ec11d20_tp
希望小売価格 : 250,000
価格 : 199,000円(税込)
L2-5
数量
 

199000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく

好みのタイヤへのカスタマイズやハンドル位置の調整の余地はあるけど、もうカスタムする余地がほとんど残っていない至極のパーツスペック。

カーボン&チタンずくしのおかげで重量は7Kg台。このコストパフォーマンスは他メーカーにはちょっと真似できないECHOのアイデンティティと言えます。

軽量化を追及しつつも、「最も大事なのは耐久性!」というECHOの信念は変わらず。トラブル知らずのスパニッシュタイプのB.B.はこれまで通りですが、ヘッドチューブ下部を大径化したフレーム等で一段と「強度&耐久性」も向上している様に見えます。


十分に軽量な仕上がりと言えますが、タイヤを軽量な物に変更するだけでも更に300gの軽量化が可能。
「軽量に仕上がったバイクをお手頃価格で!」と考えるなら、他には比べる相手のいない一台。軽量志向のライダーさんにはこれ以上無いオススメのバイクです。

Frame
前作のフレームから比べると多くのアレンジが加えられてフルモデルチェンジという印象。ヘッドチューブを1.5テーパー対応に変更したのに加えて、一番の変更点はシートチューブ。パイプではなく削り出しのブロックを使う事で、ペダリングの力を確実にトップチューブやシートステーに伝達して、フレーム全体を効率よくしならせてくれます。

ブラックのフレームにブラックのパーツ。ブレーキのパーツやハブのスペーサー等の細かい所の赤いパーツがアクセントになってかなり精悍なイメージです。
この【20 Ti PRO】はレッドのステッカーシートが付属します。お好きな所に貼って、何ならカラーオプションでパーツのカラーも変更して、自分スペシャルの一台に仕上げて下さい。
 
Front Fork
軽量を追及するパーツにも「簡単には壊れない事!」というECHOのコンセプトが根付いてます。このカーボン製のフロントフォークも例にもれず、丁寧な仕事できっちりと仕上げられた製品を採用しています。
 
Steering
ハンドルバーにはカーボン製のモデルを採用。ライズ低めならではのリジッドでリニアな感覚と、程よく浅めの曲げ角度でクセの無さが魅力です。
ステムには削り出しの【SL】グレードのモデルを採用。斜めスペーサー標準装備で、「まずはじっくりポジション出し⇒ポジションが決まったらカット」という流れで使ってもらえればと思います。
 
Drive Train
クランクも【SL】グレードの削り出しのモデル。前作の様な大きな穴あけ加工は無くなったけど、その分一段と手間ヒマかけて作りこんでるおかげで、穴開きのモデルより軽量に仕上がってます。
フリーギアとクランクの固定は一般的なネジ込式ではなく、ECHO独自のスプライン方式。工具不要で着脱できる整備性の良さは、一度使うともうネジ式には戻れません。
 
Wheel
前後ハブはECHOの定番モデル。無理して軽量に作っていない分、強度・耐久性は抜群です。リアハブとリアコグの固定もスプライン方式。 リアのスプロケットを外す用事なんてそうそう無いけど、整備性が高いのはやっぱり嬉しいですね。
リムにはECHOのシングルウォールのモデル。こちらも強度・耐久性を最優先としつつ軽量に仕上げたモデルを採用しています。
 
Brake
ブレーキには新型の【SL】。
ピストン径を小さくする事で制動力を強化。TRとは異なりラジアルポンプ(=ピストンがハンドルバーに対して垂直に動くタイプ)式とする事で、ブレーキレバーを握りこんだ時のリジッドな感覚が特徴です。
リザーバータンクのキャップに至るまで自社でゴリゴリと削り出したコダワりのデザイ。シリンダーボディ部分はやや大ぶりに作ってあるので、レバーを握りこんだ時のブヨブヨ感もほとんど感じません。

 
Guard
ECHO独自のデザインのショートタイプのアンダーガードを装備。
「使う/使わない」はライダーさん次第ですが、「アンダーガードが有った方が安心♪」というライダーさんには心強いですよね。
 


     
フレーム: ECHO Mark Ti
フロントフォーク: ECHO カーボン
     
Steering
ハンドルバー: ECHO カーボン
ステム: ECHO - SL 158mm x 30°
ヘッドパーツ: ECHO インテグラルIS 1.5
グリップ: ECHO スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク: ECHO - SL 160mm Isis - ブラック
フリーギア:

ECHO - SL Ti スプライン 18T/108ノッチ

固定ギア:

ECHO スプライン Ti 12T

チェーン: ECHO
ペダル: ECHO - SL ケージ
     
Wheel
フロントハブ:

ECHO ディスク

リアハブ: ECHO ディスク 116mm
リム: ECHO
タイヤ: F:MAXXIS - Creepy Crawler 20x2.0
R:MAXXIS - Creepy Crawler 19x2.5
     
Brake
ブレーキ本体: ECHO - SL ディスクブレーキ
160mmローター
     
完成車重量:

7.79Kg

   
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。


 

  • ☆フレームは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック/カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ☆製品により差異はありますが、ECHOの製品の仕上げは良好とは言えません。金属加工の面では優秀なのですが、アルマイトが不均一であったり加工跡が残っている場合がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・重量は実測値を表記しておりますが、タイヤやリム等の製品は個体差が大きい為、お届けする車両は重量が大きく異なる場合がございます。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。