トップ > ウェア > シューズ > RIBO - MTX
Brand Index > RIBO > RIBO - MTX

RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX
RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX
RIBO - MTX RIBO - MTX RIBO - MTX
拡大画像

RIBO - MTX

スペインのシューズメーカーである【RIBO】。大きな工場でパートさんが作るのではなく、ひとつひとつ職人さんの手で作ってます。

トレッキングシューズやおしゃれ靴なども製造するメーカーですが、すいぶん以前からトライアル用のシューズも生産しています。2016年は4クラスの世界チャンプが使用していたコンペでは定番のシューズです。

こちらは『履き心地』にコダワったモデル【MTX】です。
商品コード : rb90d
価格 : 14,900円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size x Color

BlueBrown
40(25cm)×売り切れ再入荷
41(26cm)
42(27cm)
43(28cm)

14900

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
靴作りでは歴史のあるスペインで生産されているだけに『靴』として優秀。つま先がちょっと反り上がってるのも良い靴の特徴ですね。

ソールのスポンジ材の断面が□四角くなってるのも好印象。ジョギングシューズの様に底が広い台形の断面のシューズはトライアル向きではないので。
デザインというかアイデアの優秀さとは対照的に、ソールをくっつける接着剤がびろ〜んとはみ出てたりする仕上げの甘さもまたスペインっぽいですが…。

色々と試した中で履き心地の横合った【MTX】というモデルをベースに、日本向けにアレンジしてもらったのがこちらのシューズ。柔らかめの素材で、履いたその日から使いこんだシューズの様に足に馴染む『履き心地』を追及しました。

まずはカカト。
カカトのホールドはスポーツシューズの命。カカト上部のアキレス腱部分を狭く、またカカトをタイトに作ってもらってます。
次に幅。
欧米人向けのシューズを日本人がはくと幅が足りない…。偏平足気味の日本の靴に合う様、先端部分をワイドに作ってもらいました。

シェルの素材には、履いた瞬間から馴染むレザーの様な素材を選択。これはもう、履いてもらえばわかるし、ナチュラルなシューズが好きならもう硬めの物には戻れません。
逆に、「シューズの中で足がモゾモゾ動くのが嫌」というライダーさんには、【Comp】がオススメです。

ソールには20年以上トライアルで愛用されている「DAVOS」。古くはアルパインスターが、後にMONTYが長らく採用している事で人気のソール。ペダルへの食いつきが良く、岩や障害物に足を着いた時もグリップが良く、それでいてペダルの上でシューズの位置をずらせる位のグリップ感です。

インソールは何てことない汎用品が入ってますが、これは交換を前提にしているから。
カスタムフィットのソールが理想ですが、市販品でもOK。足の形に合う物・使い勝手の良い物を選んで使ってもらえればと思います。どれだけ外側が良くても、自身の足にあったソール使って無いシューズなんて、スポーツシューズとは呼べないので。

また、耐久性の高さもRIBOのシューズの魅力。
耐久性の高い素材を使ってるのはもちろん、職人さんの手で作ってるだけあって縫製や接着などの仕事も、それにつかう糸や接着剤も長年の経験から選んだ最高の物を使用してます。
硬崩れしたり破れることなく、ソールが完全にすり減るまで使ってもらえます。

ソールをくっつける接着剤がびろ〜んとはみ出てたりする仕上げの甘さはご愛敬(さすがスペイン製)、総じて良いシューズが出来たと思います。
 
 
ユーロサイズ サイズ(実測・cm)
40 25.0cm
41 26.0cm
42 27.0cm
43 28.0cm

 
  • ☆RIBOのシューズは仕上げが少々荒いです。ソール/スポンジ、スポンジ/シェルの接着剤がはみ出してるケースが多々あります、機能には問題ありません。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。
    ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。