トップ > TRIAL > フレーム > 20inch > ZOO ! - 20
Brand Index > ZOO! > Frame > ZOO ! - 20
フレーム > Trial 20 > ZOO ! - 20
TRIAL > フレーム > 初心者さんにもオススメ > ZOO ! - 20
TRIAL > フレーム > 確実な上達をサポート > ZOO ! - 20

ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20
ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20
ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20 ZOO ! - 20
拡大画像

ZOO ! - 20

アンダーガードを廃したデザインやECHOに比べてゴツっとした造りのフレームで、元々の『ZOO!』のコンセプトであるストリート志向を復活&全面に押し出したデザインです。

とは言え、ゴチっと硬く…という見た目の印象とは裏腹に、けっこうしなやかな仕上がり。バカみたいに飛んで行く強烈な反発具合は特筆に値します。

でも…。このフレームの魅力は何と言ってもジオメトリーです。
商品コード : ec12ZOa20
価格 : 58,000円(税込)
L2-5
数量
 

58000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
リア・センターがやや長めなのがこのフレームの一番の特徴。

20inのフレームは基本的にどのメーカーも26in程には個性が出ておらず、多くのフレームはほとんど同じジオメトリー。そして、どれもこれもB.B.位置が高めでピーキーな特性です。
上級者さんは気持ち良くのれても、初心〜初級者さんがウィリージャンプなどのテクニックを身に着けるのは極めて困難。でも、リア周りが少し長めのこの【ZOO!20】のジオメトリーなら、B.B.高めのメリット…、つまりはダニエル状態での安定感や取り回しの軽さを活かしつつ、マイルドな乗り味を実現してくれます。

初心〜中級者さんまで、断然オススメの一台です。
 

Commentary
【ZOO!】ブランドから登場の新型20inフレーム。
266in同様、厚めのパイプでガッシリと造りこんだフレームは「ガンガン乗って下さい!!」というメーカーの意図がそのままカタチになったという印象。高い飛び降りや高低差と距離のあるギャップ(谷跳び)、不慮の転倒などのストリートでのライディングを考慮して「とにかくタフに!!」と、強度・耐久性を重視したデザイン。軽量志向に移る以前のECHOのコンセプトがまだ生きているブランドです。

それでも、ゴチゴチに硬いわけではなくてしっかりと“しなる”フレーム。反応も早すぎないし、反発具合も速すぎないけど、とにかく強烈に飛んでくれます。とにかくスゴいです。
 
パイプワーク
ECHOらしいシンプルなパイプですが、パイプワークにはコダワりが見られますね。
トップチューブからシートチューブまでを1本のパイプで構成するデザインや、長めのシートステー。シートチューブ部分とシートステーの間の大きめのガセットプレートなど、長らくZOO!に用いてきたアイデアを継続して採用しています。

 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブはシンプルなアヘッドを採用。
上下の開口部にはたっぷりと厚みを持たせたリ、前方の穴あけ加工もやや控えめとする事で強度・耐久性を重視しているのがうかがえます。
 
B.B.
ボトムブラケットもECHOの定番であるスパニッシュタイプ。 ぶ厚いB.B.チューブに大き目のベアリングを直接フレームに圧入する事で抜群の強度・耐久性を確保できます。

特徴的なのはB.B.ヨーク。ECHOとしては初の『上下2ピースの部材を溶接した物』を採用。大型の部材を削りだすのはコストがかかるし重くなるという事で採用のデザイン。リア周りをガチっとさせるためのデザインの様ですが、どもコイツが強烈な反発を生み出す源になっている様です。

 
ブレーキ台座
リムブレーキ&ディスクブレーキ台座の両方を用意してあるのでセッティングの幅が広がりますね。
リムブレーキ台座はビルトインブースター無しのシンプルなデザインですがフレーム自体がかなり硬いのでブレーキのタッチはしっかりしてそうです。ホースの保護も兼ねて薄めのブースターは装着しても良いと思います。

ディスクブレーキ台座もシンプルなデザインですが厚みがあって『ゴツっ』としたデザイン。 シートステー&チェーンステーがしっかりくっついてるので強度・耐久性も十分以上という印象ですね。
 
リアエンド
ぶ厚い板から削り出したリアエンドプレート。
幅広デザインでシートステー・チェーンステーをしっかりと固定。2本のステー同士もかなりベッタリとくっつけられてます。ECHOやGUのフレームと同様、リアエンドにはシャフト(イモネジ)が仕込まれていてアーレンキーでこのシャフトを回す事でチェーンテンショナーとして機能します。

     
ホイールベース: 1,015mm
チェーンステー: 360mm (+5mm/-5mm)
B.B.ハイト: +70mm
ヘッドアングル: 72°
マニューバスペース: 602mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 105mm
  

1-1/8  アヘッド

    
B.B.:

スパニッシュ / ECHO B.B.付属

   
リアエンド: 116mm / トラックエンド
チェーンテンショナー内蔵
リムブレーキ台座(HS): 取り付けボルト幅:100mm
  
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

リア用キャリパーを使用して160mmローターに対応
     
重 量:

1,920g (B.B. 含む)

重 量:

1,660g (フレームのみ)

   


 


  • ☆各部のパイプは比較的頑丈な物を使用していますが、それでも強くぶつければヘコむでしょうし、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、プラスチック/カーボンなどで保護する事をオススメします。
    ☆製品により差異はありますが、ECHOの製品の仕上げは良好とは言えません。金属加工の面では優秀なのですが、アルマイトが不均一であったり加工跡が残っている場合がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。